ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 市立加西病院トップページ > 採用情報 > 職員メッセージ > 職員メッセージ 技師

本文

職員メッセージ 技師

記事ID:0003588 更新日:2021年7月14日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示

医療技術部 中央検査科

検体検査部門

検体検査は生化学検査、血液検査、輸血検査、一般検査、免疫血清検査、病理検査、微生物検査に分かれており、これらに加え外来患者様の採血を含んだ業務を行なっています。
これらは採血室や採尿室を含め中央検査室の1フロア内に収まっており、採取された検体を迅速に検査することができる体制が構築されています。検査結果は、1時間以内には電子カルテ上に反映されるようにしています。また、臨床検査技師も各検査担当として奥深い専門分野と、検査全般に対応できる幅広い知識と技能も持っており、臨床と密接に行動ができるようなフットワ-クの良さがあります。

 検体検査中の画像

生体検査部門

生体検査は検体検査と違い、直接患者様の身体に触れて行う検査です。心電図、運動負荷試験、動脈硬化検査、睡眠機能、呼吸機能、聴力、筋電図、心臓・腹部・血管・乳腺・甲状腺超音波検査などがあります。また、心臓・腹部超音波検査は、技師による臨床研修医の技術習得の指導も行っています。

 聴力検査中の画像

臨床工学部門

加西病院にも多種多様な機能をもった医療機器があり良質な医療が行なわれていますが、適切に使用しなければ患者様に大きな被害が及ぶ場合があります。そのような中で工学技士は、心臓カテーテル・ペースメーカ業務、透析業務、機器管理業務を行なっています。医療機器が正常に作動するように欠かさずメンテナンスを行い、検査・治療が安全かつスムーズに行なえるように「医療機器のスペシャリスト」として、医師の業務をサポートしています。
 透析施術中の画像

医療技術部 中央放射線科

中央放射線科では、"安全かつ正確で迅速な検査体制を確立する"をモットーに、一般撮影、CT、MRI、Angio、RI、TV検査、マンモグラフィ、骨塩定量の検査を行っています。特にCT、MRI等の緊急検査には迅速に対応していますので、医師からは高評価をいただいています。最近では、読影レポートの確認漏れ対策として、技師によるレポートチェックを行っており、より安全な検査に繋げています。また技師は、夜間休日を含め当直体制を取っており、24時間いつでも画像を提供することができます。緊急で写真が必要なときは、お気軽に声をおかけください。

 MRI操作室の画像

医療技術部 リハビリテーション科

リハビリテーション科では急性期患者に対する早期リハビリテーションに力を入れています。また、地域包括ケア病棟には専従スタッフを配置し、回復期患者に対するリハビリテーションにも積極的に取り組んでいます。幅広い診療科からのリハビリ依頼に対応し、リスク管理やゴール設定等、主治医と緊密に連携をとりながら、安全で効果的なリハビリテーションを提供できるよう取り組んでいます。

[施設基準]
心大血管疾患リハビリテーション料(1) 脳血管疾患等リハビリテーション料(1)
廃用症候群リハビリテーション料(1)  運動器リハビリテーション料(1)
呼吸器リハビリテーション料(1)    がん患者リハビリテーション料


ご寄附のお願い
お問い合わせ