ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

褥瘡対策チーム

記事ID:0003563 更新日:2021年4月1日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示

 入院中は、病いの治療が中心となり、ベッドで過ごす時間が長くなります。そのため、骨突出部に圧迫が加わりやすくなり、褥瘡(じょくそう)が生じやすくなります。当院では、医師・看護師・リハビリセラピスト・薬剤師・栄養士など多職種で構成されたチームが関わり、院内褥瘡発生予防や褥瘡に対して早期治癒を目指して活動をしています。

褥瘡対策チームのメンバー

褥瘡対策メンバーの画像

  • 皮膚科専任医師
  • 専任看護師
  • 内科医師
  • リハビリセラピスト
  • 薬剤師
  • 管理栄養士
  • 看護師(各部署のリンクナース)

活動内容

 全入院患者さんに対して、入院時より褥瘡の危険予測とその対策がとれる体制が整っています。褥瘡対策委員会を定期的に開催し褥瘡対策について検討しています。入院前から褥瘡が生じている、あるいは入院中に褥瘡が生じた患者さんに対して、皮膚科専任医師が中心になり褥瘡回診を実施しています。また、褥瘡対策チームが病棟をラウンドし定期的にカンファレンスを実施し、病棟チームや多職種と連携し、褥瘡予防および褥瘡の早期改善のためのケア・治療を実施しています。


ご寄附のお願い
お問い合わせ