ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 移住定住サイト > 加西市お試し滞在補助制度

本文

加西市お試し滞在補助制度

記事ID:0001543 更新日:2024年4月1日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 <外部リンク>

 

 

1泊あたり最大5,000円を補助します

加西市に移住を希望される方が、空き家バンク登録物件の現地確認や、地域の自然・歴史の魅力に触れる機会を持つための滞在費用の負担軽減として、お試し滞在補助金を支給しています。

加西市への移住を促進するため、令和6年4月1日より制度を改正し、より使いやすくなりました。

また、より移住しやすい環境を整備するため、令和6年5月頃にお試し滞在施設をオープン予定です。

加西市お試し滞在補助金交付要綱 [PDFファイル/407KB]

 

対象者

ご利用いただける方は以下のすべての要件を満たす方です。

  • 加西市外に住所を有する方
  • 加西市空き家バンクに利用者登録をされている方
  • 地域住民と協調、地域の生活文化・自然環境等への理解を深め、市内の空き家への定住を希望される方
  • 加西市内の宿泊施設やお試し滞在施設に2泊以上宿泊する方
    ​※宿泊施設やお試し滞在施設が実施する移住ツアーや地域体験メニューに参加する場合は1泊でも対象になります。
  • 暴力団員や暴力団員密接関係者でない方

補助金額

以下のいずれか低い額

  • ​宿泊施設やお試し滞在施設に係る1人当たりの利用料金(飲食料金を除く)の2/3
  • 5,000円×泊数

ただし、1人につき25,000円を上限とし、1世帯あたり4人を限度とします。

例)夫婦2人で1泊12,000円(1人当たり6,000円)の宿泊施設に2泊した場合

  • 6,000円×2泊×2/3=8,000円 8,000円×2名=16,000円(A)
  • 5,000円×2泊×2名=20,000円(B)
  • (A)の方が金額が低いため、補助額は16,000円(1泊あたり1人につき、4,000円を補助)

補助金を受けるには

補助金交付申請書と現住所を証する書類(運転免許証等)の写しを、宿泊施設を利用する日の2週間前までに提出してください。

また、お試し滞在後には補助金請求書と宿泊施設宿泊証明書(領収書の写しも可)を提出してください。

※メールでの手続きも可能です。

申請書類

加西市内の宿泊施設・お試し滞在施設

市内宿泊施設一覧

施設名

住所(加西市)

電話(0790)

青野運動公苑 アオノスポーツホテル

油谷町639-3

45-1845

いこいの村はりま

笹倉町823-1

44-1750

大谷山荘

1号館:上万願寺町857
2号館:上万願寺町551-2
3号館:上万願寺町100-1

44-0150

ゲストハウス
「HOJO MACHI HOSTEL」

北条町北条1098-15

42-8881

松鶴楼

朝妻町1221-34

47-0030

ホテル ルートイン加西 北条の宿

北条町栗田7-7

050-5576-8100

町かど亭

北条町横尾121

43-0262

お試し滞在施設

metate(めたて)

北条町北条958-1 050-3138-1849

お試し滞在施設

YASURAGI(やすらぎ)

青野町741 080-2518-4903

かさい観光Navi「宿泊施設」<外部リンク>より掲載しています。

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)