ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

歩くまちづくりに関する協定

記事ID:0006767 更新日:2021年2月19日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 <外部リンク>

加西市とイオンモール加西北条による歩くまちづくりに関する協定を締結

加西市とイオンモール加西北条は、平成28年4月30日(土曜日)午後2時30分よりイオンモール加西北条1階樫の木コートにおいて、西村和平加西市長と南望イオンリテール株式会社兵庫事業部長が出席し、歩くまちづくりに関する協定書調印式を実施しました。

加西市は、平成27年3月に加西市あるくまちづくり条例を制定し、平成28年3月には歩くまちづくり推進計画を策定するなど、生活の中での活動量を増やすことで健康になることを目指す「歩くまちづくり」を推進しています。
今回、加西市はイオンモール加西北条と、「歩くまちづくり」に関する協定を結び、次のような事業を実施します。

  1. 雨天時、夜間、夏季、冬季といった屋外でのウォーキングがおっくうになりがちな時に、巨大なイオンモールをウォーキング場所として提供し、そのことを広く市民に周知する。
  2. イオンモール加西北条にて、市の保健師、栄養士、健康運動指導士が健康相談を実施する。
  3. 平成28年度に実施を予定している「運動ポイント事業」のポイント付与対象事業を実施する。
  4. そのほか、歩くまちづくりに有効な事業を双方が協議して実施する。

※運動ポイント事業・・・参加者が活動量計を持って毎日の歩数を計測し、その歩数や健康関連講座やイベントへの参加状況に応じてポイントが加算され、そのポイントは商店連合会のポイントカードや電子ポイント・マネー等と交換できる。

歩くまちづくり1 歩くまちづくり2 歩くまちづくり3


歩くまちづくりに関する協定のポスター [PDFファイル/2.42MB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像
  • 播磨の国風土記の画像<外部リンク>