ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 教育委員会 > 社会教育関係団体

本文

社会教育関係団体

記事ID:0001583 更新日:2021年2月17日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示
<外部リンク>

加西市は、市民がそれぞれの目的に応じた学習や仲間づくりなど、自らの楽しみだけでなく、生涯学習活動を通して地域社会への還元につながる活動を行っている団体を社会教育関係団体として認定し、支援しています。

社会教育関係団体

学習・文化・スポーツ・まちづくりなどの活動を通して、自己実現を図ったり、豊かな人間関係・地域関係をうみだす社会教育に関する事業を主な目的とし、自主的な運営を行う団体で、教育委員会が認定した団体を「社会教育関係団体」といいます。

社会教育に関する事業

技術の習得や教養を高めたり、生活を充実させたり、地域をよくするために行われる学習・文化・スポーツ等(学習活動、文化芸術活動、スポーツ・レクリエーション活動、ボランティア活動)の活動のことです。

自主的な運営

学習・文化・スポーツ等の活動を行おうとする人たちが、自発的に団体をつくり、目的、活動内容、運営組織、役員、予算、会費等を会員全員で話し合い、活動を進めていくことです。

認定されると

加西市内の公民館や体育館等を利用する際に、1年間基本使用料の減免を受けることが出来ます。
※特別使用料(空調・照明等の使用料)は、負担していただきます。

社会教育関係団体認定要件

以下の条件を満たす団体は、社会教育関係団体として申請することができます。

  1. 市内に活動の本拠を有し、社会教育に関する事業を行うことを主たる目的とし、かつその事業を継続的、計画的に行う団体であること。
  2. 規約や会則があり、団体意志を表明する代表者が明確であり、団体の意志を決定し執行する機構を有すること。
  3. 独立した経理、監査の機能が確立していること。
  4. 構成員がおおむね5人以上であり、原則として構成員の2分の1以上が市内に在住、在勤、在学していること。

※次の活動を行っている団体は該当しません。

  • 営利を目的とする活動またはそれに類する活動
  • 特定の政党の利害に関する活動または公の選挙に関し、特定の候補者を支持し、若しくはこれを支持しない活動を行う団体
  • 特定の宗教を支持し、または特定の教派、宗派若しくは教団を支援する活動を行う団体

申請方法

申請の際には、「社会教育関係団体認定申請書」を提出し、審査の上認定します。
なお、添付書類として、次の書類が必要となります。

  • 規約または会則
  • 予算及び事業計画書
  • 事業報告書及び決算書
  • 役員名簿

ダウンロードはこちらから

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像
  • 播磨の国風土記の画像<外部リンク>