ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 子育て > 加西市保育士等定着支援一時金給付事業

本文

加西市保育士等定着支援一時金給付事業

記事ID:0013892 更新日:2021年4月5日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示
<外部リンク>

市内の私立園への就職を促進し、保育の提供に携わる人材の確保や職場定着および離職防止を図り、待機児童の解消につなげるため、市内の私立認定こども園や小規模保育事業を行う保育所等の事業所に一定の期間勤続する保育教諭、保育士、看護師を対象に加西市保育士等定着支援一時金を給付します。
対象期間は3年間、補助金制度は令和7年度までとなります。

対象者

次のすべての要件に該当する保育教諭、保育士、看護師を対象とします。

  • 令和3年4月1日から令和6年3月1日までに市内の私立認定こども園と小規模保育事業を行う事業所に直接雇用され、保育業務に専従する保育教諭(小規模保育事業は保育士可)または看護師として勤務し、継続して働く意思のあること。
  • 保育施設の設置者との雇用契約上、労働時間が1日6時間以上かつ1か月20日以上、または、同等の勤務条件であると定められていること。
  • 勤務中の保育施設に就職した日から過去1年以内に、市内の他の私立園で勤務していないこと。
  • 過去にこの事業による一時金の交付を受けていないこと。(前年度からの継続者は除く。)

一時金の額

  • 採用後1年ごとに3年目まで、年額24万円を対象者に支給します。(最大72万円)
  • 勤務が1か月に満たない月、産休・育休・病休等の休職期間は勤務月数に含まない。
  • 転入者加算(就職のため市外から転入した場合、初年度の支給時に5万円を加算)
一時金額詳細一覧表
勤務年数 支給金額(年額)  転入者加算
1年目 240,000円 50,000円
2年目 240,000円
3年目 240,000円
合計 720,000円  


  


オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像
  • 播磨の国風土記の画像<外部リンク>