ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > ふるさと納税

本文

ふるさと納税

記事ID:0006508 更新日:2021年10月8日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 <外部リンク>

【重要】年末年始のワンストップ特例申請に関しまして

※ワンストップ特例申請を希望される方で年末に寄附をされる方につきましては、提出期限(寄附翌年の1月10日)に間に合わない恐れがありますので、申請書類が送付されるのを待たずに加西市HPや各ポータルサイトから様式をダウンロードして申請してください。
また後日受領証明書と一緒に送付されるワンストップ特例申請書につきましては、お手数ですが破棄してください。

【ふるまどのご案内】

外部サイト「ふるまど<外部リンク><外部リンク>」で以下の事が可能です。

・「ワンストップ申請書の受付確認」

・「ワンストップ申請書のダウンロード」

・「寄附受付確認」
寄附者様ご自身で状況を照会いただけますので、ぜひご活用ください。

ふるまど:​https://furusato-madoguchi.jp/service/kasai/<外部リンク>

特集動画

加西市が楽天と連携してふるさと納税を活用したクラウドファンディングで取り組んだ事業の特集動画です。

是非、ご覧ください。

《令和3年度特集動画》

鶉野クラウドファンディングドキュメンタリー映像<外部リンク>

 

《令和2年度特集動画》​

マスククラウドファンディンぐ<外部リンク>

ふるさと納税活用事業PR動画

加西市へのふるさと納税寄附金の活用事業の紹介動画(約3分)が完成しましたのでぜひご覧ください。

​​

【KASAIふるコン】令和3年度開催!!(9月20日まで延長!)

​​​KASAIふるコンチラシ.pdf

KASAIふるコン チラシ [PDFファイル/769KB]

地域資源を生かしたふるさと納税返礼品アイデアコンテスト【KASAIふるコン】開催します。
アイデア採用の場合、協力事業者より豪華景品をプレゼントがあります。                                            ぜひご応募ください。

 

ワンストップ特例制度について

令和3年分のふるさと納税ワンストップ申請受付は、令和4年1月10日(必着)までとなっております。申請書の他、マイナンバーや本人確認書類の写しを合わせて提出してください。


※必ずご確認ください

ワンストップ特例制度について [PDFファイル/132KB]
ワンストップ申請書 [PDFファイル/85KB]
ワンストップ申請書(書き方) [PDFファイル/110KB]
変更届出書 [PDFファイル/46KB]

なお、ワンストップ特例申請書の提出に際しては、下記ページからダウンロードした「返信用封筒」を組み立てて送付してください。(切手は不要です)

返信用封筒 [PDFファイル/69KB]

提出先
 〒302-0190 茨城県守谷市中央4丁目13番17号NCビル202
 加西市ふるさと納税サポートセンター(レッドホースコーポレーション)

ふるさと納税サイト

ご寄附に対するお礼の品を、以下のふるさと納税サイトからお選びいただけます。
取り扱うお礼の品が異なりますので、いずれもご覧ください。

さとふる<外部リンク>
auペイ<外部リンク>
楽天ふるさと納税<外部リンク>
ふるなび<外部リンク>

セゾンのふるさと納税<外部リンク>

ふるさとチョイスでは家電は取り扱いしておりません
ふるさとチョイス<外部リンク>

G-Call<外部リンク>

ふるさと本舗<外部リンク>

ふるらぼ<外部リンク>

 

※上記以外のサイトでは取り扱いはしておりません

 

加西市へのふるさと納税

玉丘古墳

加西市は、兵庫県の播州平野の真ん中に位置し、希少動植物を育み、貴重な文化財を有する、地域全体がミュージアムのようなまちです。
加西の豊かな農業空間と自然環境、美しい景観という魅力を見つめなおし 、環境と景観のまちづくりをすすめています。
市民一人ひとりの夢と希望を育み、市民の協働と参加を得て、全国に誇れる魅力ある加西の創造に果敢にチャレンジしています。

加西の豊かな自然や環境の中で育ち、今は都会などに住み働いている皆さん。ふるさと加西に何か貢献したい、役立ちたいと思っていませんか?
今まで加西に縁がなかった方でも、一度加西を訪れた方は、その素晴らしさを実感され、加西のファンになっていただけたのではないでしょうか。
皆さんから応援していただくことで、加西はもっと元気に、より魅力的なまちに、変身することができます。

ふるさと納税とは

「ふるさと納税」とは、自分が生まれ育った地域や応援したいと思う都道府県・市区町村への寄附金のことで住民税と所得税から一定の控除をうけることができる制度です。

住民税と所得税について、寄附金のうち2,000円を超える部分について一定限度額まで控除対象となります。

平成27年度の税制改正において、ふるさと納税の拡充が行われました。詳細は次のリンク先をご覧ください。

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


寄付金の活用実績
オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像
  • 播磨の国風土記の画像<外部リンク>