ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ワクチン接種証明書

3 すべての人に健康と福祉を
記事ID:0021463 更新日:2022年10月11日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 <外部リンク>

マイナンバーカードをお持ちの方は、新型コロナワクチンを接種した証明書の電子版を発行することができます。電子版の発行が困難な方は、紙版の接種証明書を申請することができます。なお、ワクチンを接種するかしないかは個人の判断であり、接種証明書の発行により、ワクチン接種を強制するものではありません。

▶電子版接種証明書
▶紙版接種証明書

新型コロナワクチン接種証明書をコンビニで取得できます

令和4年7月26日(火曜日)から、新型コロナワクチン接種証明書をコンビニ等に設置された端末で取得できます。

コンビニ交付の概要

サービス開始時期

令和4年7月26日(火曜)午前6時30分開始

同日以降、毎日(土日・祝日含む)6時30分~23時で取得可能(メンテナンス時を除く)

利用可能なコンビニ等の事業者(令和4年11月15日時点)

利用できるコンビニエンスストア等店舗 [PDFファイル/796KB]

※リコー製端末導入店舗のみが対象となります。

利用に必要なもの

接種証明書発行料(1通あたり120円)

マイナンバーカード

券面事項入力補助用暗証番号(4桁)

券面事項入力補助用暗証番号について

・券面事項入力補助用暗証番号は、マイナンバーカードを受け取った際にご自身で設定した数字4桁の暗証番号です。

・入力を3回間違えるとロックがかかります。忘れてしまった場合やロックがかかってしまった場合は、市民課での再設定が必要です。

注意:マイナンバーカードは、申請から交付の準備ができるまで通常1か月程度かかります。計画的に申請・受け取りをお願いします。

コンビニでの取得方法

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書 [PDFファイル/1.08MB](コンビニでの取得方法)

事前確認事項

コンビニ等で海外用の接種証明書を取得するためには、

令和4年7月21日(木曜)以降に、接種時に住民票のあった市区町村か、

ワクチン接種証明書アプリで、海外用の接種証明書を取得している必要があります。


以下の両方が接種証明書のコンビニ交付サービスに対応していることをご確認ください。
・接種時に住民票のあった市区町村
・行こうとしているコンビニ等の店舗
住民票の写しなどのコンビニ交付サービスと、利用可能な市区町村やコンビニ等の店舗が異なる可能性があります。

詳しい対応状況は、厚生労働省ホームページ<外部リンク>をご確認ください。

注意事項

印刷不良の場合を除き、発行後の返金には対応できません。

コンビニ等の端末により、発行前にご自身で内容を確認いただくことになりますので、接種時に交付された接種済証や接種記録書など、接種事実が確認できる書類等をお持ちいただいたうえでご利用ください。

万が一印刷不良であった場合、証明書を持ち帰らずに、直ちにコンビニ等店舗の店員に申告いただければ返金いたします。

証明内容の修正

接種記録に誤りがある場合は修正します。以下の書類をwakuchin@city.kasai.lg.jpにお送りください。

※添付ファイルの大きさが4MBを超えると届かないことがありますのでご注意ください。

メールの件名は「接種記録修正」としてください。

1.  氏名・生年月日・接種時の住所が確認できる本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証等)

2.  接種済証または接種記録書(紛失等により提出できない場合は接種回数分の予診票の写し)

電子版接種証明書

(1)概要

政府が公式に提供するアプリ及びマイナンバーカードを使用して、電子版接種証明書を取得することができます。アプリは、12月20日から、App StoreまたはGoogle Playで「接種証明書」と検索して、インストールできます。専用アプリの詳しい取得方法等は、デジタル庁ウェブサイトなどでご確認ください。

新型コロナワクチン接種証明書アプリ<外部リンク>(外部サイト)

接種証明書(電子版)発行の流れ [PDFファイル/955KB]

接種証明書アプリの利用の流れ [PDFファイル/489KB]

(2)電子版のメリット

・無料で取得できます。

 ○送料がかかりません。ただし、通信料がかかる場合は利用者の負担になります。

・即時発行が可能です。

 ○ワクチン接種記録システム(VRS)に接種記録が登録されている場合に限ります。

・取得した接種証明書は、アプリを起動すればいつでも表示できます。 

 ○所得後はオフラインでも表示できます。

(3)必要なもの

1. スマートフォン(iOS13.7以降もしくはAndroid OS 8.0以降 かつ NFC Type B対応

2. マイナンバーカード

3. ※券面事項入力補助用暗証番号(4桁)

4. (海外用のみ)パスポート

■ ※券面事項入力補助用暗証番号について

・券面事項入力補助用暗証番号は、マイナンバーカードを受け取った際にご自身で設定した数字4桁の暗証番号です。

・入力を3回間違えるとロックがかかります。忘れてしまった場合やロックがかかってしまった場合は、市民課での再設定が必要です。

※マイナンバーカードは、申請から交付の準備ができるまで通常1か月程度かかります。計画的に申請・受け取りをお願いします。

(4)アプリの使用方法

新型コロナワクチン接種証明書アプリ<外部リンク>」をご確認ください。

(5)注意事項

ワクチン接種記録システム(VRS)に接種記録データが登録されていない場合、利用できないことがあります。利用できない場合は、紙版をご申請ください。

(6)問合せ先

■アプリの操作方法に関すること

[デジタル庁]

デジタル庁問合せフォーム<外部リンク>

■接種証明書の意義など制度一般に関すること

[厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター]

0120-761-770

受付時間:9時から21時(土日・祝日も実施)

紙版接種証明書

新型コロナワクチンを接種したことの証明書を紙で発行します。

(1)申請の対象となる方

1. 政府が提供する公式アプリ及びマイナンバーカードを用いた電子版接種証明書の利用が困難な方

2. 時に加西市に住民票があり、予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種(医療従事者等の先行・優先接種、職域接種、通常接種等)を受けた方

(2)証明書の種類

接種証明書には、【海外・国内兼⽤】【⽇本国内専⽤】の2種類があります。⽤途に応じて、ご申請ください。

発行できる接種証明書は、【海外・国内兼用】または【日本国内専用】のいずれか1種類です。

【海外・国内兼⽤】接種証明申請書類一覧

海外及び国内の両⽅で使⽤できる証明書を発⾏します。旅券(パスポート)をお持ちの⽅が申請できます。

必要書類一覧
必要書類一覧
  書類名 説明
提出書類(必須)

(1)交付申請書

交付申請書 [Excelファイル/36KB]

交付申請書 [PDFファイル/122KB]

・発行できる接種証明書は、【海外・国内兼用】または【日本国内専用】のいずれか1種類です。旅券(パスポート)の提出があり、かつ交付申請書内の「申請する接種証明書の種類」で【海外・国内兼用】と【日本国内専用】の両方にチェックがされている場合または両方にチェックがされていない場合は、【海外・国内兼用】を発行します。

・旅券(パスポート)の提出がなく、かつ交付申請書内の「申請する接種証明書の種類」で【海外・国内兼用】と【日本国内専用】の両方にチェックがされている場合または両方にチェックがされていない場合は、【日本国内専用】を発行します。

(2)本人確認書類 【例】マイナンバーカード(顔写真のある側)、運転免許証(両面)、健康保険証(両面)など)
(3)旅券(パスポート)の写し

・有効期間内であることを確認してください。

・顔写真のあるページの写しを提出してください。

(4)接種済が確認できる書類

・接種券の写し、接種済証または接種記録書の写し

代理人による請求の場合

委任状

委任状 [PDFファイル/40KB]

委任者の氏名は本人の直筆である必要があります。
代理人の本人確認書類の写し 【例】マイナンバーカード(顔写真のある側)、運転免許証(両面)、健康保険証(両面)
旅券に旧姓・別姓・別名の記載がある場合必要 旧姓・別姓・別名が確認できる本人確認書類 旅券に旧姓・別姓・別名(英字)の記載がある場合は提出してください。
郵送申請の場合 返信用封筒・切手

・表面に返送先の住所と申請者本人の氏名を記載のうえ、切手(長3サイズの封筒の場合は、84円)を貼付してください。

・料金不足の場合「不足料金受取人払い」にて返送させていただきますので、ご了承ください。

・返信先が本人以外になる場合は、本人の氏名を併記してください。

 

【⽇本国内専⽤】接種証明書必要書類一覧

国内のみで使用できる証明書を発行します。

必要書類一覧
必要書類一覧
  書類名 説明
提出書類(必須)

(1)交付申請書

交付申請書 [Excelファイル/36KB]

交付申請書 [PDFファイル/122KB]

・発行できる接種証明書は、【海外・国内兼用】または【日本国内専用】のいずれか1種類です。旅券(パスポート)の提出があり、かつ交付申請書内の「申請する接種証明書の種類」で【海外・国内兼用】と【日本国内専用】の両方にチェックがされている場合または両方にチェックがされていない場合は、【海外・国内兼用】を発行します。

・旅券(パスポート)の提出がなく、かつ交付申請書内の「申請する接種証明書の種類」で【海外・国内兼用】と【日本国内専用】の両方にチェックがされている場合または両方にチェックがされていない場合は、【日本国内専用】を発行します。

(2)本人確認書類 【例】マイナンバーカード(顔写真のある側)、運転免許証(両面)、健康保険証(両面)など)
(3)接種済が確認できる書類

接種券の写し、接種済証または接種記録書の写し

代理人による請求の場合

委任状

委任状 [PDFファイル/40KB]

委任者の氏名は本人の直筆である必要があります。
代理人の本人確認書類の写し 【例】マイナンバーカード(顔写真のある側)、運転免許証(両面)、健康保険証(両面)
旅券に旧姓・別姓・別名の記載がある場合必要 旧姓・別姓・別名が確認できる本人確認書類 旅券に旧姓・別姓・別名(英字)の記載がある場合は提出してください。
郵送申請の場合 返信用封筒・切手

・表面に返送先の住所と申請者本人の氏名を記載のうえ、切手(長3サイズの封筒の場合は、84円)を貼付してください。

・料金不足の場合「不足料金受取人払い」にて返送させていただきますので、ご了承ください。

・返信先が本人以外になる場合は、本人の氏名を併記してください。

(3)送付先(【海外・国内兼用】・【日本国内専用】 共通)

〒675-2303

加西市北条町古坂1072-14

加西市新型コロナワクチン接種対策室 宛

(4)発行費用(【海外・国内専用】・【日本国内専用】 共通)

無料 ※返信用封筒・切手は必要です。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像<外部リンク>
  • 播磨の国風土記の画像