ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 地域振興部 > 産業振興課 > 加西市起業・創業スタートアップ支援事業補助金

本文

加西市起業・創業スタートアップ支援事業補助金

記事ID:0001940 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 <外部リンク>

加西市での起業・創業を目指す方を応援します。
事業を始めるにあたって必要となる改修費用や専門家経費、販促費用などの初期投資に対する補助金です。在宅での起業や地方創業にも対応し、新たな働き方、新たな事業に取り組む事業者の支援を重点的に行います。
既存技術の活用や新しいアイディアで、需要や雇用を生みだせる可能性がある新規事業に対して、起業・創業にかかる経費の一部を補助することで、より開業しやすい環境づくりを目指しています。

対象者

市内に主たる事業所をおいて新たに起業・創業または第二創業する個人または法人加西市創業支援事業計画に基づき特定創業支援事業の支援を受けた創業者

対象経費・補助額

補助対象経費 費目 内容 限度額 補助率
店舗の改装に係る経費 改修費 店舗等の改装にかかる経費(外構工事を除く。)
設計が必要な場合はその経費
100万円 補助対象経費の2分の1以内
(ただし、市内に主たる事業所を有する者に工事を請け負わせる場合に限る。)
設備費 機械装置及び器具の購入、改良、据え付けにかかる費用
上記以外の起業・創業に係る経費 備品費 補助対象事業実施に直接必要な初度備品(1年以上継続して使用できるもの)の購入費用。ただし、事務備品や自動車等車輌などの汎用性があるものは対象外とする。 100万円 補助対象経費の2分の1以内
専門家経費 外部専門家の助言指導等にかかる謝金・旅費、技術コンサルタント、デザイン費用、システム設計、その他事業立ち上げに必要な外注費(調査・分析)等
販売促進費 パンフレット等の印刷製本費、ホームページ作成等の費用、展示商談会の会場使用料・出展費用等

※1事業に係る補助対象経費の額が10万円に満たない事業は、補助の対象となりません。
※補助対象経費のうち、店舗兼用住宅である場合の店舗等に係る賃借料は、店舗部分及び住宅部分の面積に応じて賃借料を案分して算出するものとします。

要綱・様式

加西市起業・創業スタートアップ支援事業補助金交付要綱 [Wordファイル/30KB]

事前申込書 [Wordファイル/82KB]

交付申請書 [Wordファイル/82KB]

請求書 [Wordファイル/22KB]

事業計画等の策定支援確認書 [Wordファイル/22KB]

チェックリスト [Excelファイル/17KB]


オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像
  • 播磨の国風土記の画像<外部リンク>