ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 保険・医療 > 国民健康保険 > ジェネリック医薬品をご利用ください
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 保険・医療 > 後期高齢者医療制度 > ジェネリック医薬品をご利用ください

本文

ジェネリック医薬品をご利用ください

記事ID:0001057 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示
<外部リンク>

家計にも国民健康保険財政にもやさしいジェネリック医薬品を利用しましょう!

加西市では、年々増加する医療費を抑えるため、ジェネリック医薬品(後発医薬品)の普及に取り組んでいます。
ジェネリック医薬品をご利用いただくことで、窓口での自己負担の軽減だけでなく国民健康保険全体の医療費の抑制にもつながります。

ジェネリック医薬品とは?

新薬の特許が切れた後に販売される新薬と同じ有効成分、同じ効能・効果をもつことを国が確認した医薬品です。

どんなメリットがあるの?

新薬(先発医薬品)の研究開発には、長い歳月と莫大な投資費用がかかっており、薬の値段にそのコストが反映されています。
それに比べてジェネリック医薬品の場合、既に有効性や安全性について新薬で確認されていることから、開発期間やコストを大幅に抑えられ、薬の値段も新薬と比べて3割~5割程度も安くすることができます。

効き目や安全性は大丈夫?

ジェネリック医薬品の開発にあたっては、さまざまな試験が行われており、それによって新薬と効き目や安全性が同等であることが証明されたものだけが、厚生労働大臣によって承認されます。
効能や効果・用法・用量は基本的に変わりなく、製品によっては、新薬よりも飲みやすくなるように薬の大きさや味、においの改良や、湿気や光に弱いなどの品質面の改善による保存性の向上など、よりよく工夫されたものもあります。

使用するにはどうしたらいいの?

ジェネリック医薬品を処方してもらうには、医師や薬剤師に相談しましょう。ただし、すべての医薬品にジェネリック医薬品があるわけではありませんのでご注意ください。
また、下図のジェネリック医薬品希望カードをダウンロードし、受付に提示する方法もありますのでご利用ください。

ジェネリック医薬品希望カード[Wordファイル/218KB]
ジェネリック医薬品希望カードの画像

参考

安心してご利用ください ジェネリック医薬品<外部リンク>

ジェネリック(後発医薬品)利用促進キャンペーン

加西病院イオンモール加西北条店

平成27年度より、多くの人にジェネリック医薬品について知ってもらい、利用促進を図っていくことを目的に、イオンモール加西北条店・加西病院・市内こども園・幼児園等でジェネリック利用促進チラシと一緒に勧奨グッズ(ティッシュやシール等)を配布する「ジェネリック利用促進キャンペーン」を行っています。

キャンペーン時には、「まったく知らなかったので、医師、薬剤師に相談し、カードを使います」「医療費、保険のことを真剣に考えないといけないね」といった声があり大変好評でした。

国では平成29年6月の閣議決定において、「平成32年9月までに、ジェネリック医薬品の使用割合を80パーセントとし、できる限り早期に達成できるよう、更なる使用促進策を検討する。」と定められていますが、加西市においては、平成30年度中に80.0パーセント、平成31年度中に83.9パーセントの高い使用割合を達成しています。加西市では、さらなる利用率向上に向け、今後も利用促進を図っていきます。

ジェネリック医薬品は、値段が3~5割安くなり、新薬と同じ効果・効能があると国が認めた医薬品です。
加西市の国民健康保険の財政は大変厳しい状況にある中で、医療費は今後も増加していく傾向にあります。このため、加西市では、「家計にも国民健康保険財政にもやさしいジェネリック医薬品」を合言葉にキャンペーンを今後も繰り広げ、多くの方に知ってもらうことで、家計、国民健康保険財政の両面に効果のあるジェネリック医薬品の利用を促進していきます。ジェネリック医薬品希望の方は、医師や薬剤師に相談をお願いします。


オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像
  • 播磨の国風土記の画像<外部リンク>