ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし > 安全安心・防犯・防災 > 交通安全 > 加西市高齢者安全運転支援事業補助金制度(令和3年度)

本文

加西市高齢者安全運転支援事業補助金制度(令和3年度)

記事ID:0002302 更新日:2021年11月1日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 <外部リンク>

 

費用の一部を補助します

高齢者による交通事故が増加していることから、アクセルとブレーキの踏み間違い時の事故を抑止するため、安全装置の購入・設置に係る費用の一部を補助します。
加西市は、最大11,000円を補助します。

※兵庫県の安全運転サポート車普及促進事業補助金(22,000円)は令和2年度をもって終了致しました。

※国の安全運転サポート車普及促進事業補助金(20,000円)は令和3年10月末日をもって終了致しました。

対象者

  • 市内に住所を有する75歳以上の者。(交付申請を行った日の属する年度の3月末日までに75歳に到達する者を含む)
  • 自動車を運転できる有効期限内の運転免許証を保有する者。
  • 主に使用する自家用自動車に安全装置を装備した者。

自家用自動車

道路運送車両法(昭和26年法律第185号)第2条第2項に規定する自動車(自動二輪車を除く。以下同じ。)であって、自動車検査証の「自家用・業務用の別」欄に「自家用」と記載されたもの。

対象要件

  • 安全装置を設置する自動車は、一人一台限りとします。
  • 補助金は、補助対象者一人につき、一回限りの交付とします。
  • 令和2年4月1日以降に設置したものが対象となります。
  • 安全装置の設置後1年6ヶ月間は設置した自動車を使用すること。

補助金額

安全装置の装備に要した経費から11,000円を上限とします。
(安全装置の装備に要した経費が11,000円未満の場合は経費に要した額。ただし、1,000円未満端数が生じた時は、端数を切り捨てた額とします。)

対象となる安全装置の要件

  • 急発進抑制タイプ
    アクセルを急激に踏み込んだ場合に、センサーが異常検知し、急加速を抑制(車内操作で一時的に機能を停止できるものに限る。)
  • 障害物感知タイプ
    一定範囲内の障害物をセンサー等が検知した場合、アクセルの急激な踏み込みに対し加速を抑制

申請書等様式

以下からダウンロードできるほか、危機管理課(市役所3階)でお渡ししています。

(様式第1号)高齢者安全運転支援事業補助金交付申請書 [Wordファイル/17KB]

(様式第2号)安全装置に係る誓約書 [Wordファイル/18KB]

(様式第5号)高齢者安全運転支援事業補助金交付請求書 [Wordファイル/18KB]

(様式第8号)安全装置設置証明書 [Wordファイル/36KB]

 

 


オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像
  • 播磨の国風土記の画像<外部リンク>