ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政 > まちづくり > 自治組織 > 自治会などの地縁団体の法人

本文

自治会などの地縁団体の法人

記事ID:0002595 更新日:2021年7月1日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 <外部リンク>

自治会などの地縁団体の法人化

趣旨

これまで自治会などは、PTAなどと同じく法的には通常「権利能力なき社団」と位置付けられ、団体名義では不動産登記等ができませんでした。
しかし、自治会などでは不動産等の資産を保有している場合も多く、これらの自治会などでは会長名義などで不動産の登記等を行っていました。ところが、こうした個人名義の登記は、名義人が転居や死亡などにより自治会の構成員でなくなった場合に、名義の変更や相続などの問題を生じる危険性を伴うものでした。
こうした問題に対処するために、平成3年4月2日公布施行の地方自治法の一部を改正する法律において、自治会などが一定の手続きの下に法人格を取得できる規定が盛り込まれ、団体名で不動産などを登記する道が開かれることになりました。                

「地縁による団体」とは

地縁による団体は、「町または字の区域その他市町村内の一定の区域に住所を有する者の地縁に基づいて形成された団体」(法第260条の2第1項)と定義され、区域に住所を有することのみを構成員の資格としています。
したがって、団体の区域に住所を有する人は誰でも構成員となることができます。これが「地縁による団体」です。

地縁による団体が法人格を得るための要件

地縁による団体が法人格を得るためには、市長の認可が必要です。

市長が認可するためには、次の4つの要件が備わっている必要があります。(法第260条の2第2項)

  1. 区域内の住民相互の連絡、環境の整備、集会施設の維持管理等良好な地域社会の維持及び形成に役立てる地域的な共同活動を行うことを目的とし、現にその活動を行っていること。
  2. その区域が、住民にとって客観的に明らかなものとして定められていること。
  3. その区域に住所を有するすべての個人は、構成員となることができるものとし、その相当数の者が現に構成員となっていること。
  4. 規約を定めていること。

地縁団体の法人認可手続きの流れ

地縁による団体が認可申請を行い、法人格を有するまでの大まかな流れは次のとおりです。

イメージ:地縁による団体の認可手続きの流れ

認可申請書類

認可の申請は、定められた申請書に次の書類を添付する必要があります。

  1. 規約
  2. 認可を申請することについて総会で議決したことを証する書類
    (※総会議事録の写し)
  3. 構成員の名簿
  4. 保有資産目録(保有予定資産目録)                                                                                                    
  5. その区域の住民相互の連絡、環境の整備、集会施設の維持管理等良好な地域社会の維持及び形成に役立てる地域的な共同活動を現に行っていることを記載した書類
  6. (※前年度の事業活動報告書、予算書・決算書など)
  7. 申請者が代表者であることを証する書類
    (※申請者が代表者になることを受託した承諾書)

認可申請の際は、必ず事前にふるさと創造課までご相談ください。

認可申請書・構成員名簿・保有財産目録・保有予定資産目録・就任承諾書 [Wordファイル/80KB]

認可申請書・構成員名簿・保有財産目録・保有予定資産目録・就任承諾書(記載例) [PDFファイル/80KB]

地縁団体として認可されたら

  • ふるさと創造課で不動産等を地縁団体の名義で登記することができます。
  • ふるさと創造課で地縁団体の印鑑を登録することができます。 
  • ふるさと創造課で地縁団体の台帳の写しや印鑑登録証明書の交付を受けることができます(1通につき300円。詳しくは、ふるさと創造課にお問い合わせください)。

地縁団体の告示事項に関する証明書

地縁団体の告示事項に関する証明書の発行を希望される場合は、以下のものが必要です。

  • 告示事項に関する証明書交付請求書

※告示事項に関する証明書に限り、代表者以外の方が請求される場合でも委任状は不要です。

告示事項に関する証明書交付請求書 [Wordファイル/15KB]

告示事項に関する証明書交付請求書(記載例) [PDFファイル/28KB]

地縁団体の印鑑登録

地縁団体の印鑑登録を希望される場合は、以下のものが必要です。

  • 認可地縁団体印鑑登録申請書
  • 登録を希望される地縁団体の印鑑 
  • 代表者が加西市に登録されている印鑑  
  • 代表者の印鑑登録証明書(市民課1番窓口または自動交付機で取得してください)  
  • (代表者以外の方が申請する場合)委任状

認可地縁団体印鑑登録申請書 [Wordファイル/21KB]

認可地縁団体印鑑登録申請書(記載例) [PDFファイル/39KB]

認可地縁団体(印鑑)委任状 [Wordファイル/21KB]

地縁団体の印鑑登録証明書

地縁団体の印鑑登録証明書の発行を希望される場合は、以下のものが必要です。

  • 認可地縁団体印鑑登録証明書交付申請書
  • 登録されている地縁団体の印鑑
  • 代表者が加西市に登録されている印鑑
  • (代表者以外の方が申請する場合)委任状

認可地縁団体印鑑登録証明書交付申請書 [Wordファイル/20KB]

認可地縁団体印鑑登録証明書交付申請書(記載例) [PDFファイル/38KB]

認可地縁団体(印鑑)委任状 [Wordファイル/21KB]

地縁団体の印鑑登録の廃止

地縁団体の印鑑登録の廃止を希望される場合は、以下のものが必要です。

  • 認可地縁団体印鑑廃止申請書
  • 廃止を希望される地縁団体の印鑑
  • 代表者が加西市に登録されている印鑑
  • (代表者以外の方が申請する場合)委任状

認可地縁団体印鑑廃止申請書 [Wordファイル/18KB]

認可地縁団体印鑑廃止申請書(記載例) [PDFファイル/40KB]

認可地縁団体(印鑑)委任状 [Wordファイル/21KB]

認可後に告示した事項に変更があった場合

地縁団体の代表者の変更、規約の変更等の事実があった場合には、必ずふるさと創造課に届出をしてください。                                    
届出に基づき告示事項に変更があった旨の告示を行われない限り、その変更について第三者に対抗することができず、告示事項証明書の交付もできません。

告示事項変更届

代表者が交代したとき、地縁団体の名称や規約に定める目的・区域・事務所が変更になったときに、提出してください。

告示事項変更届出書 [Wordファイル/12KB]

告示事項変更届出書(記載例) [PDFファイル/32KB]

規約変更認可申請書

地縁団体の規約を変更したときに、提出してください。また、規約変更の内容がわかる書類、規約変更を総会で議決したことを証する書類などを添付してください。

規約変更認可申請書 [Wordファイル/13KB]

規約変更認可申請書(記載例) [PDFファイル/32KB]


地縁団体の印鑑登録証明書(代表者等が変更された場合)

印鑑登録後に交付できる印鑑登録証明書には代表者の情報も記載されるので、代表者等の変更があった場合は、告示事項変更届の告示後に、新しい代表者が都度印鑑登録の申請を行う必要があります。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像
  • 播磨の国風土記の画像<外部リンク>