ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > ふるさと創造部 > 文化・観光・スポーツ課 > 加西市の魅力を8言語で伝える多言語観光情報サイト「Guidoor」を開設

本文

加西市の魅力を8言語で伝える多言語観光情報サイト「Guidoor」を開設

記事ID:0015133 更新日:2021年4月20日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 <外部リンク>

多言語観光情報サイト「Guidoor(ガイドア)」をご活用ください

加西市では「観光推進に関するパートナーシップ協定」を締結し、「Guidoor」へ市の観光情報などを掲載しました。
​加西市の「Guidoor」はこちら https://www.guidoor.jp/cities/3605<外部リンク>
ガイドアのバナー<外部リンク>

多言語観光情報サイトGuidoorとは

多言語観光情報サイトGuidoor(ガイドア)とは、一般財団法人モバイルスマートタウン推進財団<外部リンク>が運営するサイトで、観光情報やイベント情報などを多言語(8か国語)で発信しています。(8言語とは、日本語、英語、フランス語、スペイン語、インドネシア語、タイ語、韓国語、中国語(繁体字・簡体字)です。)​

主な掲載情報

兵庫県下で最古の塔(承安元年(1171)建立である国宝三重の塔などを有する「法華山一乗寺」をはじめ、四季折々の花々を楽しむことができる「兵庫県立フラワーセンター」や、当時のままの滑走路が残る全国でも貴重な戦争遺跡である「鶉野飛行場跡」等、市内の多彩な魅力を味わうことのできる観光スポットを掲載しています。
また、市内の公共施設に関する情報も掲載しています。

二次元バーコードについて

二次元バーコードのステッカーは「Guidoor」に掲載している施設にご協力いただき、設置をしています。(一部設置していない施設もあります。)
バーコードを読み取ることで、直接施設のページにアクセスすることができます。

観光推進に関するパートナーシップ協定の締結​​

多言語観光情報サイトGuidoorの運用を契機として、インバウンド及び地域観光振興による地域創生を推進するため観光推進に関するパートナーシップ協定を締結しました。
モバイルスマートタウン推進財団と自治体との観光推進に関連したパートナーシップ協定は、兵庫県下では初めての締結になりました。(令和3年1月22日時点)
今後連携を強化し、インバウンド及び地域観光を推進していきます。​
観光推進に関するパートナーシップ協定式の様子
観光推進に関するパートナーシップ協定の様子


オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像
  • 播磨の国風土記の画像<外部リンク>