ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 教育委員会 > 生涯学習課 > スポーツ

本文

スポーツ

記事ID:0001803 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示
<外部リンク>

収容所内には、捕虜によってテニスコートやボーリングレーンが作られ、彼らがスポーツに汗を流す姿が写真に残されています。また、体操クラブが設立され、体操大会も定期的に収容所内で行われていたようです。各競技における優勝者には、賞状や賞品が授与されていました。

写真:テニスをする捕虜
テニスをする捕虜(ディーター・リンケ氏所蔵)


写真:テニスコート
テニスコート(ディーター・リンケ氏所蔵)


写真:ボーリングレーン
ボーリングレーン(ディーター・リンケ氏所蔵)


写真:棒高跳び
棒高跳び(ディーター・リンケ氏所蔵)


写真:組み体操
組み体操(ディーター・リンケ氏所蔵)

 

サッカー

屋外スポーツの中でも、サッカーは収容所南の板塀の外で楽しまれていました。「ケルステン日記」には、ケルステン自身も参加した姫路師範学校(神戸大学の前身)のチームとの間で行われた3試合の模様が記されています。

3度ばかり我々は姫路から来た師範学校のチームと青野[原]でサッカーをした。6対0で我々が勝った後、敵方は雪辱を果たそうとした。その機会が来る前に、我々のチーム内でたちの悪い衝突があり、フォワードとゴールキーパーがもはや共にプレーできなくなったので、次は2対2になってしまった。日本人はひどく得意満面になったので、我々のチームのメンバーが変わったとも知らずに、自分たちが勝つに違いないと、第3試合を挑んできた。その間に我々のいさかいは解消していた。かわいそうな日本人、私は彼らのがっかりした顔を決して忘れない。我々は8対0で勝った。私のポジションはセンターハーフだった。
(「ケルステン日記」より)

写真:姫路師範生との記念写真
姫路師範生との記念写真(個人蔵)

 

写真所蔵者の父親が実際にこの試合に出場していたそうです。写真下に「8-0」というスコアと試合が行われた年月(大正8年5月)が書き添えられています。対戦スコアが「ケルステン日記」の第3試合目の記述と一致しています。この写真により日記にあった試合の年月が判明しました。

当時の写真には、サッカーをする捕虜たちばかりでなく、それを観戦する女性や子どもたちの姿も写し出されています。またサッカーの試合は、旧小野中学校(県立小野高等学校の前身)との間でも行われています(大正8年7月13日)。こうした板塀の外で行われた活動を通じて、捕虜たちは近隣の地域社会と繋がっていたのです。

写真:サッカーをする捕虜たち
サッカーをする捕虜たち(ディーター・リンケ氏所蔵)


写真:サッカーを観戦する人々
サッカーを観戦する人々(ディーター・リンケ氏所蔵)

 


オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像
  • 播磨の国風土記の画像<外部リンク>