ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 教育委員会 > 生涯学習課 > 鶉野飛行場跡 当時の施設概要

本文

鶉野飛行場跡 当時の施設概要

記事ID:0001774 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 <外部リンク>

当時の施設概要

姫路海軍航空隊基地施設

  • 基地名:姫路海軍航空隊其他(陸上)
  • 所在地:兵庫県加西郡九会村・下里村
  • 創設年月:昭和17年12月
  • 航空隊開設:昭和18年10月1日
  • 完成年月:昭和19年5月
  • 面積:2,531,040平方メートル
  • 滑走路:飛行場滑走路 1,200m×60m 1本
  • 主要機種:中・小型練習機(97式艦攻.93式中練)
  • 格納庫:(木造)9.157平方メートル 40m×120m2棟(4×4)
  • 兵舎:約8.919平方メートル
  • 収容施設:庁舎2,092平方メートル 送信所179平方メートル 講堂1,756平方メートル  移住施設6,200平方メートル(1,200人) 工業場1,580平方メートル 倉庫1,454平方メートル
  • 防空施設:対空機銃25mm連装4ヶ所・単装2ヶ所

川西航空機株式会社姫路製作所

  • 工場名:鶉野組立工場
  • 所在地:加西郡九会村・下里村
  • 工場創設:昭和17年7月 日本毛織より川西航空機へ。昭和19年8月 鶉野組立工場落成式
  • 工場面積:約93,500平方メートル
  • 生産機種:「紫電」446機製造  20年3月より「紫電改」生産開始 44機製造
  • 工場施設:第一組立工場 1,650平方メートル 第二組立工場 185平方メートル 2ヶ所 第一格納庫 875平方メートル 第三格納庫 940平方メートル 飛行指揮所・兵器庫・プロペラ調整室・点火栓室・管制器室

終戦後に残存した航空機

  • 紫電 57機
  • 紫電改 13機(他に未完6機)
  • 零式練戦 3機
  • 白菊・彗星・銀河・90式陸練・陸軍高連各1機、93式中練2機

オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像
  • 播磨の国風土記の画像<外部リンク>