ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 教育委員会 > 生涯学習課 > 市指定文化財 大日寺石仏群

本文

市指定文化財 大日寺石仏群

記事ID:0001723 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示
<外部リンク>

大日寺石仏群地 蔵菩薩立像前面大日寺石仏群 地蔵菩薩立像背面

種別 有形文化財(考古)
所在地 加西市野上町8番地
所有者 野上町
名称、員数 大日寺石仏群、石棺仏1基、石棺材1個、異形地蔵1躯
構造及び形式又は
寸法、重量若しくは
材質、その他
石棺蓋石と石棺身を構成した石材を再利用した石棺仏。 蓋石は、現高141cm、巾80cm、厚さ26cm、阿弥陀如来像を半肉彫り、舟形光背に7化仏を配する。 側石は、長辺現長40cm、短辺現長36cm、厚さ10cmの石棺側石材片である。
特徴 当市特有の「十」字形意匠を背面にこらした異形地蔵。全高76cm、巾23cm、厚さ19cm、背面の十字形の意匠は、縦28.5cm、横11cm、手首から先欠損、首を補修する。 材質は凝灰岩。
指定日 平成16年6月4日

オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像
  • 播磨の国風土記の画像<外部リンク>