ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 教育委員会 > 生涯学習課 > 市指定文化財 普光寺石造宝篋印塔 

本文

市指定文化財 普光寺石造宝篋印塔 

記事ID:0001711 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 <外部リンク>

普光寺石造宝篋印塔

ふりがな
名称
ふこうじせきぞうほうきょういんとう
普光寺石造宝篋印塔
種別 建造物
指定年月日 昭和49年3月25日
員数 1基
時代 室町時代末期
所在地 河内町

弁天池の上方を左に入った平坦地の一角に建つ。石英粗面岩で造られ、現高は2.66メートル。各部は完備している。基礎は上端を三段に造り出し、塔身は各面素面とし、背はやや高い。刻銘はなく造立年代は明らかでないが、各部の様式手法より室町時代末期を下らぬころの造立と推定される。

加西市文化財資料第3号「加西の文化財」(改訂版)


オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像
  • 播磨の国風土記の画像<外部リンク>