ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 教育委員会 > 生涯学習課 > 酒見寺鐘楼 工事現場一般公開

本文

酒見寺鐘楼 工事現場一般公開

記事ID:0001678 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 <外部リンク>

平成15年7月20日

酒見寺鐘楼修理前酒見寺鐘楼仮覆い屋酒見寺鐘楼工事前の説明

約200人以上の見学者が一般公開に訪れました。写真は左から修理前の鐘楼、鐘楼の仮設覆い屋、工事用足場中段。鐘楼外部の彩色の痕跡などをまじかに見学できました。軒廻りの部材の痛み具合や、寛文4年の墨書なども見学できました。

平成15年6月18日

記念講演会酒見寺鐘楼屋根修理後酒見寺鐘楼彩色後

竣工間近になった鐘楼解体修理の工事現場を一般公開いたしました。記念講演会と現場公開に約170人の見学者が訪れました。黒田龍二先生(神戸大学助教授)(写真左)から酒見寺や加西市内の建造物について、藤本春樹氏((財)建築研究協会)から酒見寺鐘楼修理について講演をいただきました。工事用足場から極彩色が施された組物や葺き替えられた屋根を見学することができました。


オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像
  • 播磨の国風土記の画像<外部リンク>