ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 教育委員会 > 生涯学習課 > 県指定文化財 殿原のイチョウ

本文

県指定文化財 殿原のイチョウ

記事ID:0001672 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示
<外部リンク>

殿原のイチョウ (御葉付イチョウ)

ふりがな
名称
とのはらのいちょう(おはつきいちょう)
殿原のイチョウ(御葉付イチョウ)
指定年月日 昭和47年3月24日
所在地 殿原町

県天然記念物 昭和47年3月24日指定。
樹高33m、根廻り5.9m、目通り幹囲4.0mをはかる推定樹齢300年の大イチョウです。葉のふちに種子(ギンナン)をつける珍しいもので、これは、二股にわかれた軸の先の胚珠を乗せている部分が伸びだして葉になるために起こるといわれています。
市内にはここ以外に中富町(延寿寺)、河内町(西脇市との市境付近)にお葉つきイチョウがあります。

※各ページに掲載の写真・画像及び記事等の無断転載を禁じます。


オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像
  • 播磨の国風土記の画像<外部リンク>