ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 教育委員会 > 生涯学習課 > 市指定文化財 青野原俘虜収容所棟札

本文

市指定文化財 青野原俘虜収容所棟札

記事ID:0013290 更新日:2021年3月12日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示
<外部リンク>

青野原俘虜収容所棟札      青野原俘虜収容所棟札翻刻

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふりがな
名称
あおのがはらふりょしゅうようしょむなふだ
青野原俘虜収容所棟札​
種別 有形文化財(歴史資料)​
指定年月日 令和3年2月25日​
員数 1点​
時代 大正4年(1915)​
所在地 北条町古坂1-23 (埋蔵文化財整理室)​
特徴

縦91cm、幅22cm、厚さ3cm、ヒノキ材、台鉋仕上げ
大正4年(1915)9月13日

この棟札は、第一次世界大戦における捕虜を収容するために設置された、本格的な収容所の一つである、青野原俘虜収容所(大正4年〈1915〉開設)の棟札であり、将校用収容棟を転用した建物から発見されている。
青野原俘虜収容所の具体的な所在地を証明した貴重な史料である。また、軍事施設の棟札としては市内唯一のものであり、俘虜収容所の棟札としても国内ではほかに残存例はない。
よって、近代戦争遺産の一つとして高く評価できる。


オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像
  • 播磨の国風土記の画像<外部リンク>