ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし > ごみ・環境 > 環境 > 加西市ゼロカーボンシティ宣言

本文

加西市ゼロカーボンシティ宣言

記事ID:0007804 更新日:2021年2月26日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示
<外部リンク>

加西市ゼロカーボンシティ宣言

脱炭素社会への移行に向けた取組を進めていく姿勢を表明するため、令和3年2月26日の市議会3月定例会における令和3年度市長施政方針の中で2050年までに二酸化炭素排出量の実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ」を宣言しました。

<背景>
現在、地球規模で進んでいる地球温暖化については、世界中でその対策を喫緊に講じていく必要があるとの共通認識のもと、「産業革命前と比較して平均気温の上昇を2℃未満とし、1.5℃に抑える努力をする」とのパリ協定の目的達成に向け、世界主要国で「2050年までに二酸化炭素排出量を実質ゼロにする」ことを目指し、国内においては令和2年10月に内閣総理大臣が「2050年までに温室効果ガス排出量を実質ゼロ」にすることを表明しました。

<ゼロカーボンシティとは>
脱炭素社会の構築に向けて、2050年までに二酸化炭素または温室効果ガスの排出量を実質ゼロにすることを目指すことを表明した自治体を「ゼロカーボンシティ」と呼んでいます。

<実質ゼロとは>
二酸化炭素の排出量と森林などで吸収される吸収量が等しくなり、計算上、二酸化炭素排出量が実質的に「ゼロ」となる状態のことです。

<今後の取組について>
「エネルギーの地産地消が実現された脱炭素のまち加西」の実現に向けて、市民や事業者の皆さまと共に、市域全体で創・省・蓄エネの活用をはじめとした地球温暖化対策の取組を進めていきます。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像
  • 播磨の国風土記の画像<外部リンク>