ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 地域振興部 > きてみて住んで課 > 平成30年度 加西市ふるさと納税を活用した事業

本文

平成30年度 加西市ふるさと納税を活用した事業

記事ID:0002666 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示
<外部リンク>

​平成30年度 活用実績

寄附金メニュー【子育て支援・教育環境整備】を活用した事業

学力向上プロジェクト事業

本事業は、全国学力・学習調査結果の分析・考察を踏まえた上で、家庭・地域と連携・協力し、「加西っ子」の学力向上を目指すとともに、その先にある子ども達の夢や希望の実現をサポートしていく事業です。
平成29年度より読書活動を推進するため、新刊図書等の購入費を増額、全校に新聞を設置するなど、学校図書館を継続的に充実させることで、子ども達の読書活動への興味・関心を高め、学力向上を目指しました。

写真:地域住民による読み聞かせ写真:読書紹介
写真 地域住民による読み聞かせ、読書紹介

  • 【主な経費】 学校図書需要費 975万円
  • 【財源内訳】 ふるさと応援寄附金「子育て支援・教育環境整備」 930万円 / 一般財源 45万円

加西学校づくり応援事業

各学校が、児童生徒や地域の実態を十分踏まえ、より魅力ある学校づくりをめざして創意工夫をこらした特色ある取組を展開することで、児童生徒の「生きる力」を育て、地域に信頼される学校づくりを推進するための事業です。
各学校でテーマを設定し、地域の方や保護者、専門的な知識・技術をもつ方々を支援者として招くなど、外部人材の活用や関係機関との連携を図りながら魅力的で特色ある学校づくりに努めています。

写真:歴史ガイド隊写真:防災教室写真:ふるさと創造会議による青野原俘虜収容所跡説明
写真 歴史ガイド隊、防災教室、ふるさと創造会議による青野原俘虜収容所跡説明

  • 【主な経費】 学校づくり応援事業委託料 1,000万円
  • 【財源内訳】 ふるさと応援寄附金「子育て支援・教育環境整備」 970万円 / 一般財源 30万円

寄附金メニュー【子育て支援・教育環境整備、使途を指定しない】を活用した事業

北条高校活性化事業

加西商工会議所、北条高校PTA、北条高校同窓会、加西市連合PTA、加西市の5団体で北条高校活性化協議会が設立され、北条高校の活性化に向けた取り組みを行っています。
大手予備校河合塾の講師や兵庫教育大学大学院生などが放課後に行う「アフタースクールゼミ事業」や、オーストラリアの高校との「国際交流事業」、高校のパンフレットやポスターを作成するPR事業などの支援を行いました。これらの活動を通じて、同校の進学率のアップだけでなく、次代を担う子どもたち一人ひとりが夢と希望を持ち、郷土に誇りを持つ豊かな心を育み、社会で活躍できるように支援していきます。

写真:アフタースクールゼミ写真:国際交流事業
写真 アフタースクールゼミ、国際交流事業

  • 【主な経費】 北条高校活性化協議会運営等事業補助金 909万円
  • 【財源内訳】 ふるさと応援寄附金「子育て支援・教育環境整備、使途を指定しない」 627万円 / 加西商工会議所会員事業所寄付金 282万円

寄附金メニュー【観光資源の維持・整備に関する事業、使途を指定しない】を活用した事業

播磨国風土記事業(観光事業)

平成27年に日本最古の地誌「播磨国風土記」が編纂されて1300年を向かえるのを記念して、日本を代表する能楽笛方の藤田六郎兵衛氏を総合プロデューサーにお迎えし、当風土記に記載がある根日女伝承を題材に新作能「針間(はりま)」と新作狂言「根日女(ねひめ)」を誕生させ、地域の伝承文化を未来に継承していく事業を推進しています。
平成30年度は、「第3回加西能」を5月4日(金・祝)加西市民会館文化ホールにおいて開催しました。1部(鑑賞無料・全席自由席)では、加西市こども狂言塾生による新作狂言「根日女」を披露し、2部(鑑賞有料・全席指定)では、狂言師野村萬斎さんと万作の会の狂言師による狂言「蝸牛(かぎゅう)」や人間国宝の大槻文蔵さんなど日本を代表する能楽師の方々による能「杜若(かきつばた)恋之舞」を上演し、1部・2部合せて約1500名の来場がありました。
その他、元国際日本文化研究センター准教授の光田和伸氏をお迎えし「播磨国風土記から日本創成史を復元する」をテーマに播磨国風土記連続講座を計5回開催し大盛況でした。

写真:新作狂言「根日女」を演じるこども狂言塾の塾生写真:能「杜若」
写真 新作狂言「根日女」を演じるこども狂言塾の塾生、能「杜若」

  • 【主な経費】 播磨国風土記事業 1,815万円
  • 【財源内訳】 ふるさと応援寄附金「子育て支援・教育環境整備、使途を指定しない」 1,815万円

寄附金メニュー【スポーツ振興・健康増進】を活用した事業

体育活動推進事業

一流のアスリート・指導者によるスポーツ教室を通して、スポーツに関する関心を高め、青少年の健全育成、地域コミュニティの形成を図ることを目的としています。
平成30年度は、ヴィクトリーナ姫路の現役選手、コーチによるバレーボール教室やヴィッセル神戸からプロのコーチを招いてのサッカー教室を実施しました。
また、「平成30年度スポーツフェスティバル」と題して、元テニスプレーヤーでオリンピアン、現在はスポーツコメンテーターとしてテレビでも活躍されている沢松奈生子氏を招いてのテニス教室と講演会を開催しました。
スポーツ施設の修繕では、加西南多目的広場のフェンス設置やぜんぼうグリーンパークの入口改修を行いました。

写真:ヴィクトリーナ姫路バレーボール教室写真:ヴィッセル神戸サッカー教室
写真 ヴィクトリーナ姫路バレーボール教室、ヴィッセル神戸サッカー教室

  • 【主な経費】 スポーツ推進事業、スポーツ施設修繕 400万円
  • 【財源内訳】 ふるさと応援寄附金「スポーツ振興・健康増進」 200万円 / 県補助 200万円

寄附金メニュー【観光資源の維持・整備、使途指定なし】を活用した事業

鶉野飛行場跡地の活用事業

姫路海軍航空隊鶉野飛行場跡地及び周辺に残る歴史遺産を観光・平和学習に活用していきます。
平成30年度は展示施設兼公衆用トイレ建築工事(衛兵詰所跡)、散策用歩道整備工事、紫電改実物大模型の製作、モバイルガイドシステム構築事業、地域活性化拠点施設建設工事設計業務等を実施しました。

写真:紫電改実物大模型写真:衛兵詰所跡公衆用トイレ
写真 紫電改実物大模型、衛兵詰所跡公衆用トイレ

  • 【主な経費】 都市再生整備事業工事費 3,156万円
     都市再生整備事業委託料等 431万円
     交流のまちづくり促進事業委託料 1,800万円
     鶉野ミュージアム等整備連携事業委託料等 5,250万円
  • 【財源内訳】 ふるさと応援寄附金「観光資源の維持・整備、使途指定なし」 3,250万円 / 国補助 4,654万円 / 都市再生整備事業債2,150万円 / 一般財源 283万
  • 【主な経費】 交流のまちづくり促進事業 1,800万円
  • 【財源内訳】 ふるさと応援寄附金「歴史遺産の保存・活用、使途指定なし」 900万円 / 国補助 900万円

寄附金メニュー【環境保全・生活基盤整備の推進】を活用した事業

環境保全対策事業

加西市では、循環型社会をめざす生活環境づくりのために、省エネ・蓄エネ・創エネの推進をしており、温室効果ガスの削減、環境負荷を軽減する取り組み、加西で生産した再生可能エネルギーを加西で蓄え加西で消費する「エネルギーの地産地消」が進められるまちを目指しております。
具体的な事業としまして、地球に優しい環境都市加西の実現に資することを目的として、電気自動車及びプラグインハイブリッド自動車の普及を推進し、大気環境の改善や地球温暖化の防止を図るために、電気自動車及びプラグインハイブリッド自動車を導入された方に、補助金の交付を行いました。
また、環境共生社会の実現、環境への負荷の少ない循環型社会の実現の推進を図り、地球温暖化防止に寄与するため、住宅用蓄電池を設置、設置された住宅を購入された方に対しても補助金の交付を行いました。

写真:市役所駐車場内での急速充電器使用の様子
写真 市役所駐車場内での急速充電器使用の様子

  • 【主な経費】 電気自動車購入補助50万円、住宅用蓄電池設置補助金 91万円
  • 【財源内訳】 ふるさと応援寄附金「環境保全・生活基盤整備の推進」 140万円 / 一般財源 1万円

寄附金メニュー【ふるさと創造に関する事業】を活用した事業

ふるさと創造事業

平成25年度から小学校区を単位とした持続可能なまちづくりを進めるため、「ふるさと創造会議(まちづくり協議会)」が市内全小学校区で設立されました。現在、各創造会議では地域ごとの魅力や資源、課題等を見つめ直し、住民自らが判断し、地域づくりを進めるため交付金として活用しています。創造会議(まちづくり協議会)の一つとして、交付金を活用し、農産物等を販売する朝市や地域内での「ふれあい喫茶」、三世代交流事業の開催のほか、味噌作り等の特産品開発などに取り組んでいます。

写真:「富田の里味噌」の樽詰め作業写真:ふるさと創造大会議
写真 「富田の里味噌」の樽詰め作業、ふるさと創造大会議

  • 【主な経費】 ふるさと創造会議リレー事業費 1,970万円
  • 【財源内訳】 ふるさと応援寄附金「ふるさと創造に関する事業」 970万円 / 一般財源 1,000万円

寄附金メニュー【地域医療・福祉の充実】を活用した事業

加西病院支援事業

地域で必要とされる病院を目指し、経営改善に努めている市立加西病院に対し、行政からも積極的に支援し、市民の皆様に安心できる医療体制を構築していきます。
平成30年度は、加西市一般会計より病院事業会計へ9億円補助し、うち5,000万円は、ふるさと応援寄付金を活用しました。

写真:市立加西病院
写真 市立加西病院

  • 【主な経費】 病院事業会計補助金 9億円
  • 【財源内訳】 ふるさと応援寄附金「地域医療・福祉の充実」 5,000万円 / 一般財源 8.5億円

活用予定

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像
  • 播磨の国風土記の画像<外部リンク>