ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 福祉 > 地域福祉 > 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金

本文

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金

記事ID:0019382 更新日:2021年8月2日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 <外部リンク>

社会福祉協議会の特例貸付について、総合支援資金の再貸付を終了した世帯や、再貸付について不承認とされた世帯に対して、「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」を支給します。

対象者

社会福祉協議会の特例貸付を利用できない世帯(注)で、以下の要件を満たすもの
(注)総合支援資金の再貸付を終了した世帯や、再貸付について不承認とされた世帯(生活保護受給中の世帯を除く)

1 収入要件
収入が(1)(2)の合算額を超えないこと(月額)
(1)市町村民税均等割非課税額を12で割った額
(2)生活保護の住宅扶助基準額

【市の場合(世帯人数5人以降は省略)】 (単位:円)

収入要件
世帯人数 (1)住民税非課税 (2)住宅扶助 (1)(2)計
1人 78,000 32,300 111,000
2人 115,000 39,000 154,000
3人 141,000 42,000 183,000
4人 175,000 42,000 217,000

2 資産要件
預貯金が上記1(1)の6倍以下であること(ただし100万円以下)
3 求職要件
ハローワークに求職申込し、誠実かつ熱心に求職活動を行うこと

支給額(月額)

単身世帯:6万円、2人世帯:8万円、3人以上世帯:10万円
※住居確保給付金、ひとり親世帯臨時特別給付金、低所得子育て世帯生活支援特別給付金を受給している世帯も、受給できます。

 

支給期間

3カ月

 

申請方法

1 申請窓口 市役所地域福祉課
2 申請期間 11月30日(火曜日)まで
3 申請書類 再貸付終了世帯には、7月から順次、申請書類を送付します。


オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像
  • 播磨の国風土記の画像<外部リンク>