ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 健康福祉部 > 市民課 > 住民票・マイナンバーカード等に旧姓(旧氏)の併記ができます

本文

住民票・マイナンバーカード等に旧姓(旧氏)の併記ができます

記事ID:0001035 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 <外部リンク>

氏の変更があった方は、本人の申出により、住民票・マイナンバーカード等に旧姓(旧氏)を1つ併記することができます。希望される方は、マイナンバーカード(お持ちの方のみ)および、旧姓(旧氏)が記載された戸籍から現在までの戸籍謄本を用意して、住民票のある市区町村で手続きをしてください。

併記できる旧姓(旧氏)

初めて旧姓(旧氏)を記載する場合

戸籍に記載されている過去の氏の中から1つ選んで併記することができます。

現在旧姓(旧氏)を併記している場合

氏が変更した場合、直前に使用していた旧姓(旧氏)に変更することができます。

併記された旧姓(旧氏)を削除した場合

旧姓(旧氏)は削除することができますが、削除した旧姓(旧氏)を再度併記することはできません。
削除後に氏が変更したときに限り、新たに生じた旧姓(旧氏)の中から1つを選んで併記することができます。

旧姓(旧氏)が併記される証明書

  • 住民票
  • 印鑑登録証明書
  • マイナンバーカード
  • 署名用電子証明書

届出先

住民登録地の市区町村役場
(加西市に住民票がある方は加西市役所市民課)

届出人

  • 本人
  • 法定代理人もしくは本人からの委任状をお持ちの任意代理人

必要なもの

本人確認書類

1.または2.をご提示ください。

  1. 下記のものから1点(顔写真付に限る)
    運転免許証、パスポート、マイナンバーカード(個人番号カード)、住基カード(写真付)、身体障害者手帳、療育手帳、在留カード等
  2. 下記のものから2点(イ+イ、イ+ロ)
    イ:保険証(国保、健保、介護、後期)、年金手帳
    ロ:学生証(写真付)、社員証(写真付)、預金通帳、病院等診察券、図書館カード、キャッシュカード、クレジットカード等

注意事項

  • 本籍地に届け出る場合も戸籍謄本の添付が必要です。受理証明書では受付できません。
  • 住民票等に、現在の氏または旧姓(旧氏)の一方のみを表示することはできません。
  • 旧姓(旧氏)の記載により、マイナンバーカードに搭載されている署名用電子証明書は自動的に失効します。必要な場合は発行申請を行ってください。
  • 他市に引っ越した場合、併記されている旧姓(旧氏)は引き継がれます。
  • 戸籍の届出等により、現在の氏が併記している旧姓(旧氏)と同一になった場合でも、旧姓(旧氏)を削除するためには、本人からの届け出が必要です。
  • 国外からの転入時に、国外転出時に併記していた旧姓(旧氏)を引き続き使用したい場合は、本人からの届け出が必要です。この時、国外転出時の住民票除票の添付が必要です。

関連リンク

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像
  • 播磨の国風土記の画像<外部リンク>