ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 健康福祉部 > 市民課 > 養子縁組届

本文

養子縁組届

記事ID:0001009 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 <外部リンク>

養子縁組届は、相互に実親子関係のない者、又は実親子関係はあっても嫡出親子関係のない者に、嫡出親子関係を成立させるための届です。養子縁組届をしても、実の親子関係は存続します。

届出先

届出人の本籍地または所在地(住所地)の市区町村役場。

届出人

養親および養子(15歳未満の場合は法定代理人)

※夫または妻の一方のみが縁組をする場合、縁組をしない他方の配偶者の同意が必要となります。

届出期間

届けた日から効力が発生します。

必要なもの

  • 養子縁組届(市役所にあります。養子になる方、一人につき1枚必要)
  • 養子の戸籍謄本及び、養親の戸籍謄本(本籍地以外に養子縁組届を提出する場合のみ必要)
  • 認印
  • 届出人の本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、パスポート等)

次の場合は家庭裁判所の許可が必要です

  • 未成年者を養子にする場合。ただし自己又は自己の配偶者の直系卑属(子、孫等)を養子とする場合は不要。
  • 後見人が被後見人を養子とする場合。

注意事項

  • お互いに縁組をする意思があること。
  • 養親となるものは成年であること。
  • 養子となるものが、養親となるものの尊属(叔父・叔母等)又は年長者でないこと。
  • 養子となるものは養親となるものの嫡出子または養子でないこと。
  • 配偶者のある者が縁組をするには、その配偶者の同意を得て縁組をすること。
  • 配偶者のある者が未成年者を養子とするときは、配偶者とともに縁組をすること(ただし、配偶者の嫡出子を養子とする場合または、配偶者がその意思を表示できない場合を除く)。
  • 届出には成年の証人が2人必要です(家庭裁判所の許可を得ている場合も必要です)。

記入例

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像
  • 播磨の国風土記の画像<外部リンク>