ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務部 > 税務課 > 市県民税への租税条約の適用

本文

市県民税への租税条約の適用

記事ID:0001123 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 <外部リンク>

市県民税への租税条約の適用について

租税条約とは

租税条約とは、所得税、法人税、地方税の二重課税の回避や脱税防止のために、日本と相手国との間で特別に条約を定めたものです。これにより、税金の免除を受けるためには、源泉徴収義務者からの税務署等への届出が必要です。

市県民税の免除の届け出について

市・県民税について免除を受けるためには、加西市への届出が必要です。

提出する書類

  • 住民税の租税条約に関する届出書
  • 源泉徴収義務者が税務署長へ提出した「租税条約に関する届出」の写し(受付印があるもの)

申請書ダウンロード

受付窓口

加西市 総務部税務課税制係

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像
  • 播磨の国風土記の画像<外部リンク>