ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務部 > 管財課 > 最低制限価格・低入札価格調査制度の改正

本文

最低制限価格・低入札価格調査制度の改正

記事ID:0002189 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 <外部リンク>

入札制度改正のお知らせ

最低制限価格・低入札価格調査制度の改正等

加西市が行う競争入札につきましては、平成24年4月1日から次のとおり入札制度の改正を行います。

入札結果等の公表について

500万円以上、8,000万円未満の建設工事の競争入札について、最低制限価格を入札執行前に公表(事前公表)していたものを改め、建設工事及び委託業務の競争入札について、予定価格を落札者決定後に公表(事後公表)とします。

最低制限価格制度の適用拡大について

最低制限価格制度の適用範囲を、130万円以上、1億円未満の建設工事の競争入札に拡大します。
なお、1億円以上の建設工事の競争入札については、低入札価格調査制度によるものとします。

最低制限価格の算定方法について

最低制限価格の算定については、次の事務取扱規程に基づき算定します。

低入札価格調査基準価格及び調査基準最低価格の算定方法について

低入札価格調査基準価格及び調査基準最低価格の算定については、次の事務取扱規程の基づき算定します。

適用時期について

平成24年4月1日以降に公告または通知を行う競争入札から適用します。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像
  • 播磨の国風土記の画像<外部リンク>