ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし > 安全安心・防犯・防災 > 防災 > 北朝鮮からの弾道ミサイル落下時の身を守る行動 

本文

北朝鮮からの弾道ミサイル落下時の身を守る行動 

記事ID:0002205 更新日:2021年6月14日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 <外部リンク>

 

弾道ミサイル落下時の行動

北朝鮮により弾道ミサイルが発射され、日本に落下する可能性がある場合は、政府から関係する地域の住民に対して全国瞬時警報システム(Jアラート)を使用して緊急速報メール等により緊急情報を伝達することとしており、この情報伝達の流れや注意点等について、『国民保護ポータルサイト』(内閣官房)に掲載されています。

また、国民保護ポータルサイトには武力攻撃やテロなどから身を守るためにどのような行動をするべきか等についても掲載されています。
この度、昨今の情勢を踏まえ、弾道ミサイルが落下する可能性がある場合に国民がとるべき行動についてとりまとめ、国民保護ポータルサイトに掲載されましたのでお知らせいたします。

詳細は、国民保護ポータルサイトをご覧ください。

国民保護ポータルサイト<外部リンク>(内閣官房)

参考資料

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像
  • 播磨の国風土記の画像<外部リンク>