ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

地震に備えて 

記事ID:0001606 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 <外部リンク>

 

日頃から注意すること

  • 家具は倒れないように固定しましょう。
  • 棚など高いところに、重いもの・不安定なもの・割れる物を置かないようにしましょう。
  • 特に、乳幼児やお年寄りの部屋に注意しましょう。

地震がきたら

  • 倒れやすい戸棚や本棚からすぐ離れ、丈夫なテーブルや机の下などに隠れ、身の安全を守ることが大切です。
  • 「地震だ!火を消せ」とみんなで声を掛け合い、ガスコンロやストーブなど、すばやく火の始末をしましょう。
  • 特にマンションなどでは、建物がゆがみ戸が開かなくなることがあります。他の戸や窓で出口を確保しましょう。
  • もし火災が発生しても天井に燃え移る前ならあわてず、消火しましょう。消火用具の準備は忘れずに。
  • あわてて外に飛び出すと屋根瓦やガラスなどの落下で、かえって危険です。しばらく家の中で様子を見ましょう。
  • 屋外にいたら、落下物やブロック塀の倒壊の危険地域には近寄らず、ビルや公園などに避難してください。
  • ため池の決壊、崖崩れなどの危険がある場所では、早めに安全な場所に避難しましょう。
  • 荷物は極力少なくし、車やオートバイでの避難は危険です。徒歩で避難しましょう。
  • 特にお年寄りや体の不自由な人、傷病者、乳幼児などには、みんなが協力しあって手厚い応急救護で保護しましょう。
  • デマやうわさに惑わされず、市役所や警察・消防、ラジオのニュースなどから正しい情報を得るようにしましょう。

地震


オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像
  • 播磨の国風土記の画像<外部リンク>