ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし > 安全安心・防犯・防災 > 防災 > 加西市の計画・施策 > 災害時要援護者避難支援計画 加西市地域防災計画及び加西市水防計画

本文

災害時要援護者避難支援計画 加西市地域防災計画及び加西市水防計画

記事ID:0002013 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 <外部リンク>

要援護者台帳の整備について

災害時要援護者避難支援計画に基づき要援護者台帳を整備します。

阪神淡路大震災や佐用町の水害など、自然災害はいつ発生するかわかりません。災害発生時に弱い立場におかれる障害者や高齢者などの災害時要援護者の方々への支援のあり方が大きな課題となっています。
災害時の支援は、行政だけでは限界があり、近隣や地域の皆さまの助け合いによる共助の力がどうしても必要となります。これまで、福祉目的での調査は社会福祉協議会のもとで各町福祉委員(民生児童委員が兼務)のご協力を得て「福祉を高める運動」として実施されていましたが、防災目的のものは未整備でした。
今回、防災機関・自主防災組織への情報提供も目的に加えた「要援護者台帳」を、これまでの「福祉を高める運動」をベースとして再整備していくこととしています。
毎年5月の福祉委員による「福祉を高める運動」調査時には、各戸訪問により台帳データを更新していくこととしています。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像
  • 播磨の国風土記の画像<外部リンク>