ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > ふるさと創造部 > 文化・観光・スポーツ課 > 令和3年播磨国風土記入門講座

本文

令和3年播磨国風土記入門講座

記事ID:0015115 更新日:2021年4月16日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 <外部リンク>

播磨国風土記入門講座開催のお知らせ

延期しておりました播磨国風土記講座を開催いたします。話題は加古川流域に始まり、市川・揖斐川両流域へ、さらに播磨国全域に及びます。弥生文化と播磨国風土記との密接な関係や、神々が登場しない播磨国風土記の不思議についての講座が開講されます。今回は入門編として誰もが取り掛かりやすい内容となっています。

開催情報

​第2回:2021年(令和3年)5月20日木曜日
第3回:2021年(令和3年)6月17日木曜日
時間:いずれも午後6時30分~午後8時00分(午後6時00分から受付)
場所:加西市民会館文化ホール
   (第3回は加西市民会館小ホール)
定員:399人(小ホールは150人)
参加費:各回500円(申し込み不要)

講座内容

第2回:大歳神・猿田彦が登場しない「播磨国風土記」のふしぎ
第3回:「弘計・億計両皇子と根姫の物語」~その虚構と真実~

講師情報

光田和伸氏顔写真

光田和伸氏
国文学者。愛媛県松山市生まれ。元国際日本文化センター准教授。専門は比較文化・比較文学。主に和歌、連歌、俳諧を研究。著書に『恋の隠し方-兼好と「徒然草」-』、『芭蕉めざめる』(ともに青草書房)。

 

 

 

主催:加西市
主管:加西市観光まちづくり協会

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像
  • 播磨の国風土記の画像<外部リンク>