ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 保険・医療 > 国民健康保険 > 国民健康保険被保険者証の郵送方法が変わります

本文

国民健康保険被保険者証の郵送方法が変わります

記事ID:0009294 更新日:2021年3月1日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示
<外部リンク>

被保険者証の郵送方法が変わります

これまで被保険者証は、配達員から直接お受取りいただく「簡易書留郵便」で郵送していましたが、日中不在の方の事情を考慮するとともに、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点より人との接触を極力減らすためにも、令和3年度以降は、郵送方法を「特定記録郵便」へ変更して、7月中旬頃に「被保険者証兼高齢受給者証」として郵送します。
特定記録郵便は、配達の際にご自宅の郵便受箱に投函されます。配達時に不在でも受け取ることができ、郵便物の配達状況が郵便局に記録されます。​

特定記録郵便について<外部リンク>

これまで通り簡易書留郵便による郵送をご希望の方へ

国保医療課窓口でご申請いただくか、お問い合わせください。


オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像
  • 播磨の国風土記の画像<外部リンク>