ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務部 > 税務課 > 市税等の滞納と不服申立て

本文

市税等の滞納と不服申立て

記事ID:0001141 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示
<外部リンク>

自主納付と滞納及び不服申立て

市税(料)は納税者の皆さまが定められた期間内に自主的に納めていただくものです

市税等の滞納

決められた納期限までに納税(料)しないことを滞納といいます。

滞納されますと督促状、さらに催告書や電話などで納税(料)をお願いしています。滞納した場合には本来納める税(料)金のほか、督促手数料と延滞金を納めていただかなくてはなりません。
督促手数料一通につき100円。

延滞金は納める税(料)額に、納期限の翌日から納めるまでの日数に応じ次の割合で計算された金額です。

  • 納期限後1か月以内・・・延滞金特例基準割合に1%を加算した割合
    (加算した割合が7.3%を超える場合は7.3%)
  • 納期限後1か月以後・・・延滞金特例基準割合に年7.3%を加算した割合
    (延滞金特例基準割合)
    平成26年 年1.9%
    平成27年 年1.8%
    平成28年 年1.8%
    平成29年 年1.7%
    平成30年 年1.6%
    平成31年(令和元年) 年1.6%
    令和2年   年1.6%
    令和3年   年1.5%

※なお、上記の割合は平成26年1月1日以降のものであり、平成25年12月31日以前は納期限後1か月以内は延滞金特例基準割合(平成25年度中は4.3%)、納期限後1か月以降は年14.6%で計算された金額です。

滞納処分

市税等を滞納したままでいますと、納期限までに納められた納税者との公平を保つために、やむを得ず、その人の財産を差し押さえ、これらの財産を公売するなどの滞納処分を行うこととなります。

納期内納付のお願い

市税等を滞納すると、納税者の方にとって不利益となることはもちろんのこと、加西市にとっても滞納整理に多大な費用がかかり、この費用も納税者の方の貴重な税金から支出されることになりますから、市税を有効に使うためにも、納期内納税(料)をよろしくお願いいたします。

市税等に関する不服申立てについて

不服申立て

市税の賦課決定や、滞納処分などについて不服があるときは、市長に対して 書面で次の期間内に審査請求をすることができます。

処分の内容 申立て期間
市税等の賦課決定 納税通知書を受け取った日の翌日から3ヶ月以内
介護保険料に関しては兵庫県介護保険審査会に審査請求
督促 督促状を受け取った日の翌日から3ヶ月以内
差押え 差押えの通知を受け取った日の翌日から3ヶ月以内、又はその公売期日などのいずれか早い日

固定資産評価審査委員会に対する審査の申立て

固定資産課税台帳の価格について不服があるときは、縦覧期間の初日から納税通知書の交付を受けた日後 3か月以内に、審査の申し出をすることができます 。


オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像
  • 播磨の国風土記の画像<外部リンク>