ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政 > まちづくり > パブリックコメント > パブリックコメント > 第2次加西市観光推進基本計画(素案)の意見募集の実施結果について

本文

第2次加西市観光推進基本計画(素案)の意見募集の実施結果について

記事ID:0002575 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示
<外部リンク>

「第2次加西市観光推進基本計画(素案)の意見募集」の実施結果

パブリックコメントの結果と回答

「第2次加西市観光推進基本計画(素案)の意見募集」の実施結果を以下のとおり掲載します。

意見募集期間

平成29年12月26日(火曜日)から平成30年1月19日(金曜日)

計画案等の公表方法

市民意見の提出状況

提出者数:1人
意見総数:2件

ご意見と市の考え方

ご意見 市の考え方
気球を活用した加西市ならではの風景づくりは削除したほうがいい。 加西の気候は、気球が飛行するのに適しています。気球の飛ぶ風景が加西の冬の風物詩として定着するようになればと考えています。
花を核とするのはすごく良いと思う。今はフラワーセンターだよりの企画で北条鉄道との連携が全然取れていない気がする。もう少し連携すること。これまでもやっていたけれど中途半端に終わっている。沿線の花が見える風景を徹底させる(コスモス、菜の花は写真添付あり。その他も考える)。車内も花と関連づける。花に関しても、単に花とするのではなくキーワードの花も決めた方がいい気がします。加西はバラバラです。「中之島 バラ」「佐用 ひまわり」地域から連想する花があります。写真愛好家が来たい、撮りたい風景を市内まるごとでつくるほうが良い。サイクリング沿線、まち中なども、常時花のある風景と関連付けたほうが良い。 花を活用した観光まちづくりは、本計画の重点プロジェクトの一つであります。
加西市を訪れた観光客が花を楽しむ機会をつくることができるよう考えております。
計画では、北条町旧市街地及び横尾歴史街道を例示しておりますが、ご意見にあるとおり、訪れた方が最初に加西に接する場所の一つである北条鉄道沿線及び駅でも花を楽しめるよう効果的な方法を考えていきます。

オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像
  • 播磨の国風土記の画像<外部リンク>