ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

鍋帽子とエコ料理

記事ID:0013488 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 <外部リンク>

講座を終えて

12月11日(水曜日) 金井先生にご指導頂き、エコな調理道具「鍋帽子」を作りました。

鍋帽子の威力とは・・・・例えば室温が26℃でステンレス16cmの鍋に、1リットルの沸騰した湯を入れた状態なら、鍋帽子の温度変化は30分後は90℃1時間後は84℃と温かいまま。4時間後でも56℃と保温機能があります。煮たき物の時短調理をしてくれる優れものです。

先生と一緒に作成するみなさんの様子

早速鍋帽子を作ってみます。四枚の三角形の布端を順番に縫い合わせます。それを表側と裏側をそれぞれ手縫いで作ります。鍋の下に敷く座布団もあっという間に縫っていきます。

縫物の合間に鍋帽子を使ったエコ料理を作りながらその威力を体験しました。

料理に使う鍋帽子の説明を聞く受講生のみなさんの写真

大根の酒粕煮、茶わん蒸し、桜えび味のごはんなど、沸騰した鍋から2~3分煮て鍋帽子に10分ほど置くだけであっという間に料理が完成します。

完成した料理の写真

どの料理も味が素材の中まで染みわたっています。とても柔らかで美味しいです。

完成した鍋帽子の写真

綿入れに苦戦しましたが何とか皆さん完成することができました。鍋にかぶせておくだけでふんわりとおいしい料理が出来上がる保存用の帽子。受講生の皆さんもガス代・電気代の節約にもなると満足された様子でした。


公民館からのお知らせ
公民館の利用方法
登録グループ活動
オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像
  • 播磨の国風土記の画像<外部リンク>