ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

2020年2月広報かさい

記事ID:0010292 更新日:2020年12月1日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示

産婦人科の分娩休止について

 これまで加西病院では、産婦人科医師3 名(常勤)と診療応援の医師により分娩医療を行ってきました。分娩のためには、24 時間、365 日、常に1 名の医師が常駐するとともに、リスクを伴う分娩の緊急対応のために、さらに1名が待機体制を取っていました。安全に分娩医療を行うためには最低でも3 名の常勤医師と医師個人の相当な体力が必要となります。しかし、おととし12 月末に常勤医1 名が退職し、2 名体制となりました。その際、分娩休止の検討が院内でなされましたが、加西市内に分娩のできる医療機関が他にないことから、応援医師の増強を図り、常勤医2 名で分娩を継続してきました。

 一方、不足する産科医の確保にも努めてまいりましたが、近年の産科医志望者の減少も重なり、採用に至っておりません。今般、さらに常勤医2 名のうち1名が退職し、当院での分娩は令和2 年1 月末をもって休止せざるを得なくなりました。退職した医師には、妊産婦の外来診療( 週1回) は引き続き担当していただくこととなりました。

 なお、婦人科の診療、妊娠初期までの診察、婦人科の入院や手術は今後も行ってまいります。

 また、助産師による母乳外来 や、産後ケア事業は引き続き行 っていきます。

  • 母乳外来は、赤ちゃんの授乳等で不安を感じている方なら、どなたでも利用していただけます。
  • 産後ケア事業は、お母さんが、体調を崩したり子育てに不安を抱いたりしたときに、助産師がお母さんの心身のケアや赤ちゃんのケアをお手伝いします。( 対象:産後4 カ月未満の産婦とその赤ちゃん)
    • コース:一泊二日コース、デイケアコース ※自治体の助成制度があります。ご相談下さい。
    • 産後ケアダイヤル:母乳(授乳・卒乳)相談や育児相談などに助産師が電話(Tel42-0727)で応じます。相談料は無料。4月以降も同様です。

ご寄附のお願い
お問い合わせ