ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

健康被害救済制度

3 すべての人に健康と福祉を
記事ID:0029942 更新日:2022年9月13日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 <外部リンク>

接種後に副反応が起きた場合の健康被害救済制度

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの避けることができないことから、救済制度が設けられています。 救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。 新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。
詳細については、厚生労働省のホームページをご確認ください。

予防接種健康被害救済制度【厚生労働省HPリンク】<外部リンク>


オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像<外部リンク>
  • 播磨の国風土記の画像