ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

兵庫県酒類販売事業者支援金

記事ID:0019935 更新日:2021年9月17日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 <外部リンク>

第2期(2021年8月分)

兵庫県において、酒類販売事業者支援金の第2期として、国の月次支援金の横出し(対象月の売上減少率が30%以上50%未満または対象月とその前月の売上減少率が2ヶ月連続して15%以上)及び上乗せ(対象月の売上減少率が50%以上)の支援金の支給を行います。

※横出しと上乗せで申請期間および手続きが異なりますのでご注意ください。

※売上減少率は2019年または2020年の同月と比較して算出したものです。

横出し支援(2021年8月分)

売上減少の対象要件は、次のいずれかに該当する事業者です。

  • 2021年8月の売上減少率が15%以上30%未満かつ同年7月の売上減少率が15%以上の事業者
  • 2021年8月の売上減少率が30%以上50%未満の事業者

申請期間・申請方法

■申請期間

2021年9月21日(火曜日)~10月29日(金曜日)【10月29日消印有効】

※申請期限前であっても、予算額に達し次第終了となります。

■申請方法

申請にあたっては、以下のページをご覧ください。

https://web.pref.hyogo.lg.jp/sr08/getsujiboshu202108.html<外部リンク>

上乗せ支援(2021年8月分)

売上減少の対象要件:2021年8月の売上減少率が50%以上の事業者

申請期間・申請方法

■申請期間

2021年9月21日(火曜日)~11月30日(火曜日)【11月30日消印有効】

※申請期限前であっても、予算額に達し次第終了となります。

■申請方法

申請にあたっては、以下のページをご覧ください。

https://web.pref.hyogo.lg.jp/sr08/getsujiboshu202108.html<外部リンク>

第1期(2021年4月~6月分)

※2021年8月20日をもって受付は終了しています。

 

対象となる方の主な要件は以下の3つです。

  1. 令和3年3月31日以前に開業し、県内に本店を有する中小企業等であって、知事の要請を受けて休業または時間短縮営業をし酒類の提供を停止する飲食店と取引のある、一般酒類小売業免許または通信販売酒類小売業免許を有する酒類販売事業者であること。
  2. 飲食店が休業または時間短縮営業、酒類提供の停止をしてことによる影響を受け、令和3年4月、5月または6月の売上が前年または前々年同月対比で30%以上50%未満減少していること。
  3. 令和3年4月、5月または6月と同期間を対象とする、地方公共団体等が実施する休業および時間短縮営業の要請に伴う協力金の支給対象となっている事業者または国において実施する月次支援金の支給対象となっている事業者ではないこと。また、令和3年4月、5月または6月と同期間を対象とした、地方公共団体等が実施する新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を財源とする事業からの給付を受けないこと。

【注意事項】

※本支援金の支給は1事業者につき1回限りです。

※50%以上減少している月の分は本支援金の対象外です。(50%以上減少の場合は国の月次支援金の支給対象かご確認ください。)

 

申請期間:令和3年7月12日(月曜日)~8月20日(金曜日)【8月20日消印有効】

申請方法:郵送(レターパック(プラス、ライト含む))で申請書と添付書類を提出してください。

 

兵庫県酒類販売事業者支援金​<外部リンク><外部リンク>(兵庫県ホームページ)

​​

お問い合わせ先

 酒類販売事業者支援金事務局

  • 開設時間:午前10時から午後5時(土日祝日を除く)
  • 電話番号:078ー362ー9893(※2021年9月21日開設)

オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像
  • 播磨の国風土記の画像<外部リンク>