ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新型コロナウイルス感染症に関連する情報 > 緊急事態宣言解除後の県独自措置を受けた加西市の対応

本文

緊急事態宣言解除後の県独自措置を受けた加西市の対応

記事ID:0013074 更新日:2021年10月20日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 <外部リンク>

 

皆さまのご理解とご協力をお願いいたします

 兵庫県の緊急事態宣言解除後に、県独自で実施していた措置のうち、時短要請等が10月21日で解除されることを受け、加西市では、第61回新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催し、県独自の方針に合わせ、現行の制限措置を10月21日で解除することを決定しました。
 ただし、イベント開催については、県の方針に合わせ引き続き一定制限を行います。

加西市の制限措置

加西市公共施設の利用制限

 加西市民会館、加西市健康福祉会館、市内体育施設、各公民館、地域交流センター等、市公共施設の一般利用について21時までとしていた制限を解除する。
 インターネット予約を再開する。(10月22日から)ただし、利用に際しては「加西市公共施設利用者のガイドライン」を遵守し、感染拡大の防止に引き続き努める。

 各施設の詳細な情報については、各施設のホームページでご確認ください。

加西市教育委員会関係

 教育活動、部活動ともに兵庫県の対応方針に従い、十分な感染対策を実施したうえで行うこととします。

加西市主催等のイベント

 県のイベント開催制限に従い判断します。

 県のイベント開催制限
 収容定員:50%以内(大声を出さない場合100%以内)
 人数上限:5,000人または収容定員の50%以内のいずれか大きい方

​​飲食店等

 「新型コロナ対策適正店認証制度」認証店舗
 同一テーブル4人以内、短時間(2時間程度以内)での飲食の協力依頼
 上記以外の非認証店舗
 ・酒類提供の場合は、「一定の要件」を満たすことを要請
 ・同一テーブル4人以内、短時間(2時間程度以内)での飲食の要請
  「一定の要件」とは、アクリル板等の設置(又は座席の間隔1m以上の確保)、手指消毒の徹底、食事中以外のマスク着用の推奨、同一グループの同一テーブルへの入店案内は4人以内(同居家族や介助者を除く)


オススメ
  • 気球の画像
  • 紫電改の画像
  • 播磨の国風土記の画像<外部リンク>