兵庫県加西市議会
kasai city council

TOP > 市川町行政との懇談会に関する当該議員5名からの経緯説明文

市川町行政との懇談会に関する当該議員5名からの経緯説明文について

 昨年より新聞報道がなされています、水道事業に絡む市川町行政と市議会議員との懇談会について、当該議員5人から「加西市議会議員及び市長等の政治倫理に関する条例」第3条第2項に基づき、その経緯等を説明する文書(市川町との懇談会経緯について<114KB>)が提出されましたので、公表します。

(参考)加西市議会議員及び市長等の政治倫理に関する条例(抄)

 
第3条 議員及び市長等は、次に掲げる政治倫理基準を遵守しなければならない。
(1) 市長等は、市の機関が行う届出受理、許認可、命令、職員の採用又は昇進、行政指導、契約、補助金の交付、その他の職務の遂行(不作為を含む。)に関し、特定の企業、個人、団体等のために不当に有利な取り計らいをせず、議員は不当に有利な取り計らいをするように市の機関及び職員に働きかけることをしないこと。
(2) 常に市民全体の利益のみをその指針として行動するものとし、その地位を利用して、いかなる金品も授受しないこと。
(3) 市民全体の代表者としてその名誉と品位を害するような一切の行為を慎み、その職務に関し不正の疑惑を持たれるおそれのある行為をしないこと。
2 議員又は市長等は、政治倫理基準に反する行為があるとの疑惑を持たれた場合は、自ら誠実な態度をもって疑惑を解明し、その責任を明らかにするよう努めなければならない。