TOP > 市政 > 加西市ふるさと納税 > 活用実績

加西市ふるさと納税の活用実績

【令和2年度事業】

令和2年度 ふるさと納税クラウドファンディング事業

■事業内容

  • 圏域全ての子ども、妊婦及び高齢者に優先してマスクを無償配布
  • 子供や妊婦などへの支援による子育てにやさしいまちづくり
  • 地域事業者への支援による地域産業の振興

写真 マスクをする子どもたち

■事業名

コロナに負けるな!市を越えて次代を担う子供たちにマスクを配布し、みんなの明るい笑顔を取り戻したい!!

■寄附総額

64,860,000円(目標額 20,000,000円)

全国の皆様から応援のお気持ちとともに寄せられた寄附金は子どもたちへのマスク配布事業のほか、新型コロナ対策事業として市内の子育てや地域事業者支援事業に活用させていただきます。

■特集動画

加西市が楽天と連携してふるさと納税を活用したクラウドファンディングで取り組んだ事業のうち、北播磨広域定住自立圏の子どもや妊婦さん、高齢者の皆さんへマスクを無償配布する事業を特集した動画です。

ふるさと納税ドキュメンタリー バナー

 

【令和元年度充当事業】

寄附金メニュー【子育て支援・教育環境整備】を活用した事業

■公立保育所運営事業

泉中学校区内に公立幼保施設が4施設あり、これらの園舎が築40年を経過するなど老朽化していたため、統合して新しいこども園を整備しました。
また、統合して認定こども園とするため、国の面積基準に合わせた広さと余裕のある保育室を確保し、増加傾向にある低年齢児の受け入れ機能を強化しました。

写真 泉よつばこども園
写真 泉よつばこども園(全景写真)

  • 【主な経費】 泉よつばこども園整備事業(繰越分含む) 9億4,107万円
  • 【財源内訳】 ふるさと応援寄附金「子育て支援・教育環境整備」 6,760万円 / 国庫補助 7,122万円 / 起債 7億6,980万円 / 一般財源 3,245万円

 

寄附金メニュー【環境保全や生活基盤整備の推進に関する事業】を活用した事業

■防犯灯設置事業

明るい住みよいまちづくりを目指し、夜間における様々な犯罪や事故の未然防止、また通行の安全確保を図るため、防犯灯を設置しました。
ふるさと納税を活用する事で、より多くの防犯灯を設置する事ができました。

写真 LED防犯灯 写真 関電柱への設置
写真 LED防犯灯、関電柱への設置

  • 【主な経費】 防犯灯設置事業(繰越分含む) 899万円
  • 【財源内訳】 ふるさと応援寄附金「環境保全や生活基盤整備の推進に関する事業」 890万円 / 一般財源 9万円

 

寄附金メニュー【スポーツ振興・健康増進】を活用した事業

■運動ポイント事業

歩くまちづくりを推進し、市民が生涯にわたり健やかで幸せに暮らすことができる社会を実現するため、日常生活の中で楽しみながら健康づくりに取り組み、健康づくりに無関心な層にも生活習慣の中に運動を取り入れるきっかけ、動機づけになることを目的として事業を実施しています。
令和元年度は専用アプリ「加西健幸アプリ」を作成し、運動ポイント事業を実施しました。専用アプリをダウンロードしたスマートフォンを持って歩くことで、歩数に応じてポイントを貯めることができます。また、指定の講座やイベント等への参加、健診の受診等でもポイントを貯めることができ、貯めたポイントは最大5,000円分の商店連合会のたぬきの満点カードと交換できます。
事業実施期間内の専用アプリのダウンロード者数は2,855人、うち市民の事業参加者数は2,231人となり、予想を上回る多くの方に運動ポイント事業にご参加いただくことができました。

写真 写真

  • 【主な経費】 運動ポイント事業1,208万円
  • 【財源内訳】 ふるさと応援寄附金「スポーツ振興・健康増進」 820万円 / 県補助 383万円 / 一般財源 5万円

 

寄附金メニュー【観光資源の維持・整備に関する事業】を活用した事業

■気球普及推進事業(観光事業)

気球の飛ぶまち加西条例の基本理念に基づき、気球を活用し「気球の飛ぶまち加西」として、知名度の向上と気球に関わる関係人口の増加を目的として以下の事業を実施しました。

  • 加西市オリジナルデザインの気球を使用して「気球の飛ぶまち加西」をPRしました。
  • 熱気球のしくみを勉強するアクティブバルーンスクールを実施し、気球を身近に感じていただきました。

写真 加西オリジナル熱気球「加西ピースバルーン号」 写真 球皮の中で行う熱気球教室
写真 加西オリジナル熱気球「加西ピースバルーン号」、球皮の中で行う熱気球教室

  • 【主な経費】 気球普及推進事業 350万円
  • 【財源内訳】 ふるさと応援寄附金「観光資源の維持・整備に関する事業」 175万円 / 国庫補助 175万円

 

寄附金メニュー【歴史遺産の保存・活用、観光資源の維持・整備に関する事業】を活用した事業

■空がつなぐまち・ひとづくり交流事業

姫路海軍航空隊鶉野飛行場跡地及び周辺に残る歴史遺産を観光・平和学習に活用していきます。
令和元年度は地域活性化拠点施設建設工事設計業務、巨大防空壕におけるシアター映像制作業務、モバイルガイドシステム構築事業、鶉野飛行場関連資料調査・映像記録等業務、戦争遺産を活用したイベント等を実施しました。

写真 地域活性化拠点施設イメージパース 写真 巨大防空壕シアター
写真 地域活性化拠点施設イメージパース、巨大防空壕シアター

  • 【主な経費】 模型製作業務委託料(繰越分) 450万円
  • 【財源内訳】 ふるさと応援寄附金「歴史遺産の保存・活用に関する事業」 450万円
  • 【主な経費】 地域活性化拠点施設整備事業 3,008万円、歴史文化継承・発信事業 4,600万円、平和ツーリズム推進事業 309万円
  • 【財源内訳】 ふるさと応援寄附金「歴史遺産の保存・活用、観光資源の維持・整備に関する事業」 2,891万円 / 国庫補助 3,938万円 / 都市再生整備事業債 1,080万円 / 一般財源 8万円

 

寄附金メニュー【地域医療・福祉の充実、子育て支援・教育環境整備】を活用した事業

■加西病院支援事業

地域で必要とされる病院を目指し、経営改善に努めている市立加西病院に対し、行政からも積極的に支援し、 市民の皆様に安心できる医療体制を構築していきます。
令和元年度は、加西市一般会計より病院事業会計へ9億円補助し、うち5,000万円は、ふるさと応援寄附金を活用しました。

写真 市立加西病院
写真 市立加西病院

  • 【主な経費】 病院事業会計補助金 9億円
  • 【財源内訳】 ふるさと応援寄附金「地域医療・福祉の充実、子育て支援・教育環境整備」 5,000万円 / 一般財源 8億5,000万円

 

過去の事業

活用予定

 

問合先 地域振興部 きてみて住んで課
TEL:0790-42-8764 FAX:0790-43-1802 mail:furusato-tax@city.kasai.lg.jp

Page Top