TOP市政協創のまちづくり>島根大学まちづくり共同研究事業

島根大学まちづくり共同研究事業

概要

加西市の自治会組織及びふるさと創造会議(まちづくり協議会)の実態調査や状況把握を行い、住民自治の実態や問題・課題等を抽出し、加西市の地域特性に則した自治会組織及びふるさと創造会議(まちづくり協議会)の役割やあり方等について、国立大学法人島根大学と共同で研究を実施します。

■共同研究内容(令和2年度分)

  1. 各自治会(142町)への実態調査アンケートの実施
    • 調査の主な内容
      • 自治会について(職業、年齢、任期、選出方法等)
      • 自治会の活動状況について(主な活動内容、自治会予算、自治会の課題等)
      • 自治会の地域実態とふるさと創造会議との関係について
        (自治会の世帯数、空き家、ふるさと創造会議との関係性等)
    • 実施期間
      令和2年7月2日から7月31日まで
    • 回答数
      142自治会/142自治会中(回収率:100パーセント)
  2. 全地区ふるさと創造会議(まちづくり協議会)へのヒアリングの実施
    • 令和2年10月から令和3年1月頃まで
  3. 実態調査アンケートやヒアリング等の活動報告会の実施

■島根大学共同研究担当者

同大学教育学部教授 作野 広和氏

【プロフィール】
総務省「過疎問題懇談会」構成員、島根県中山間地域研究センター客員研究員、兵庫県豊岡市地域コミュニティアドバイザー等。専門は農業・農村地理学、過疎・中山間地域論。集落単位・地区単位の地域づくりに参画。島根県江津市、奥出雲町、邑南町、飯南町、出雲市佐田町に研究室の分室「ラボ」を設置し、住民との協働活動を展開中。

問合先 ふるさと創造部 ふるさと創造課 ふるさと創造係
TEL:0790-42-8706 FAX:0790-43-1800 mail:furuso@city.kasai.lg.jp

Page Top