第1回全体会議レジュメ

研究会の目的

加西市における「市民主体のまちづくり」をどう進めていくか―をテーマに、加西市内の具体のまちづくり事例を検証し、現状と課題を分析する中から今後の展開を展望し、地域内や地域外(市内全域)との連携や、市政との「協働」の課題と方向性を見出す。

研究の手法

加西市内のまちづくり実践活動の中から、4つの地域の活動をモデル事例として検討対象にし、当該の関係者のほか、地域まちづくりや全市のまちづくりに関わる団体のメンバーとともに議論する。
この作業を通じて、「他の地域のまちづくり」をケーススタディとしてヒントを見出し、「住民(市民)主体、協働のまちづくり」を全市的に展開していくための課題と具体的方策を明らかにする。

構成メンバー

  1. モデル対象地区での取り組み代表者
  2. 市内全域でのまちづくり活動に関わる組織の代表者または担当者
  3. 本研究会の目的に関わる加西市政の各部署担当者
  4. コーディネーター(市民まちづくり研究所所長)
  5. 事務局

加西市における「市民主体、協働のまちづくり」の検討課題

  1. 担い手の構造と仕組み、現状と課題(宇仁、富田、西在田、北条およびその他の地区)
  2. 地域組織の実態と対応(地区の特性により多様な形態)
  3. まちづくり協議会の行方(県の地域交流事業への対応の実態、その後の経緯と現状)
  4. 市行政の対応(セクションごとの対応、縦割り、創意工夫、総合的対応の課題)
  5. 旧来の地域組織(自治会、農協、学校等)やNPO、市民団体との連携と関係性

若干の解説

  1. 市民主体のまちづくりと「参加」「参画」「市民主体」
  2. 地域自治組織と「小さな自治」
  3. 「参画と協働」

先進的活動地域の視察(計画?)

  • 対象地のテーマ
  • 加西への応用の勉強
  • 視察時期

 

 

問合先 ふるさと創造部 ふるさと創造課 ふるさと創造係
TEL:0790-42-8706 FAX:0790-43-1800 mail:furuso@city.kasai.lg.jp

Page Top