TOP市政パブリックコメント>パブリックコメントの実施結果について

パブリックコメントの実施結果について

「加西市立幼稚園・保育所 統合・民営化基本方針(案)」及び「公立幼保施設統合・民営化実施計画(案)」にかかるパブリックコメントの実施結果を下記のとおり掲載します。

実施期間

平成22年7月30日から平成22年9月8日まで   41日間

パブリックコメント件数

1件(平成22年8月25日受領、提出方法:電子メール)

パブリックコメント

幼保統合化・民営化に関する基本方針・計画(案)について

こども未来課で内容を閲覧させていただきました。
平成16年に加西市で初めて賀茂幼稚園と賀茂保育所が統合するにあたり、当初かなりの反対がありました。保育所は保育に欠ける児童を預かり、管轄は厚生労働省、幼稚園は文部科学省で、教育機関です。性質が異なる二者をただ単に施設の老朽化や児童の人数減少という理由で安易に統合するには、かなり無理があるのではないか、と個人的に思っていました。保育士と幼稚園教諭が混在した現場での児童に対する指導役割はどのようにしていくのか、疑問でした。

話を現状に変えますが、北条東幼稚園と、北条南保育所の統合・民営化を例にあげてみますと、給食は北条東小学校で幼稚園の給食も同時に作っていますが、南保育所と統合の場合、給食は今まで同様小学校で作れますか。民営化されたら、新しい給食施設もできますか?
加西市内の保育所で社会福祉法人として、とても人気のある保育所が数か所存在しています。すべての統合予定の幼児園が、成功している社会福祉法人のようになるためには、あらゆる面での十分な話し合いと熟考を要するような気がします。

私は地元出身の人間ではありませんが、加西に住まいを建て子供もいます。自分のこどもは、既に成長し、保育、幼稚園ともに関わることはありませんが、加西の未来を担う子供達の大切な事案です。どうか、皆が納得いくように、十分な話し合いを持っていただきたいと思います。そこに大人の利権がからまないように、こどもの事を一番に考えて頂きたいです。

※ 下線は、こども未来課で施した。

加西市の考え

○「民営化後の給食施設」について

現在のところ、大きく次の3つの方法が考えられます。

  1. 幼保施設に新たに給食設備を設ける。
  2. 今、給食を受けている小学校給食施設を活用する。
  3. 外部搬入による給食を実施する。
条件の整備や事業者との協議も必要となることでありますが、安全でおいしく、食育の充実が図れる方法を考えています。

○「十分な話し合いを持つ」ことについて

十分な話し合いの機会を設けて行きます。

○「利権がからまないように」することについて

移管先事業者の選考については、専門の委員会を設置します。また、会議等はでき得るかぎり公開で行い、市民が傍聴できるようにし、公平で公正な選考を期します。

 

問合先 教育委員会 こども未来課
TEL:0790-42-8726 FAX:0790-43-1801 kodomo@city.kasai.lg.jp
Page Top