TOP市政お知らせ>熱中症を予防しましょう

熱中症を予防しましょう

【令和2年6月24日掲載】

熱中症は、気温や湿度が高くなる梅雨入り前から発生し、7月から8月に多発する傾向があります。今年は、新型コロナウイルス感染症の影響で在宅時間が増え、体が暑さに慣れていません。また、マスクの着用で熱がこもったり、のどの渇きを感じにくくなるといわれていますので、例年以上に熱中症には注意をしてください。

熱中症予防のポイント

  • 涼しい服装をし、日傘や帽子を使用しましょう。
  • こまめに水分補給を行いましょう。
  • 部屋の温度を測り、室温が28度を超えないようにエアコンや扇風機で調整しましょう。
  • 日頃から栄養バランスのよい食事と体力づくりを心がけましょう。
  • 運動など集団活動の場ではお互いに声かけし、体調を考慮しましょう。

特に注意が必要な方について

  • 高齢者
    熱中症の方の半数以上は65歳以上の高齢者です。住宅内で熱中症になることが多いため室温確認とこまめな水分補給が必要です。
  • 乳幼児
    地面に近いほど気温が高くなるため乳幼児は大人以上に暑い環境にいます。
    また、車内の温度は短時間で一気に上昇します。わずかな時間でも、車内に子どもだけを残さないでください。

講師 永田宏和さん
熱中症の応急処置(PDF形式:258KB)

外部リンク

問合先 健康福祉部 健康課(健康福祉会館内)
TEL:0790-42-8723 FAX:0790-42-7521 mail:kenko@city.kasai.lg.jp

Page Top