TOP市政お知らせ>播磨農高生プロデュースレストラン「はりまのちっちゃな台所」経営者募集

播磨農高生プロデュースレストラン「はりまのちっちゃな台所」経営者募集

【平成29年9月27日掲載】

播磨農高の生徒とレストランを運営します

はりまのちっちゃな台所サポート委員会では、播磨農高生がプロデュースするレストラン「はりまのちっちゃな台所」を実際に運営してくださる経営者を募集します。
「はりまのちっちゃな台所」は、2016年から、3年後を目標に、地域活性化の拠点となり、同校の農産物などを使ったレストラン事業として検討が始まりました。そしていよいよ来年度に、北条旧市街地内、「旧松乃家食堂」の建物を「歴史文化遺産を活用した交流のまちづくり促進事業(北条旧市街地元気なまち再生事業)補助金」を活用してリノベーションし、開店準備を進める予定です(開店は平成31年3月頃を予定)。実際に運営していただく経営者が決まれば、学生と一緒に店舗計画を立てたり、メニューを考えたりしていく予定です。

■店舗物件

旧松乃家食堂(加西市北条町北条1111-2)

■募集人員

  • 播磨農高の生徒がプロデュースするレストランを実際に運営していただける方(サポート委員会が借り受けた建物をリノベーション後に店舗経営ができる方)
  • 地産地消のレストランを起業してみたいと考えておられる方
  • これまで農高生が考えてきたお店のコンセプト等を理解していただける方
  • 播磨農高生が考えたコンセプト「人心地」(ひとごこち)
    • 「地域のものを使って心温まる料理で人がつながる」
    • メイン客層は女性。女性を中心とした様々な方に幸せになってもらえる空間づくり
    • その店ならではのこだわりのあるお店
    • お客さんとの距離が近く、関係を築きやすいお店
    • 子どもからご年配の方など幅広い世代に優しく愛されるお店
    • お家のような安らぎがあり落ち着けるお店
  • 生徒と一緒になって店舗デザインやリノベーション内容、メニューなどを考えてくださる方(実際に播磨農高に赴き、月一回程度話し合いができる方)
  • 地域愛にあふれ、人との交流が好きな方

■特典内容

  • リノベーション費用は市の平成30年度予算の範囲内で一部負担予定
  • 播磨農高の新鮮な食材を優先的に活用できる
  • 播磨農高と連携して、食育交流など地域活性化が図れる

■応募期限

平成29年11月30日(木曜日)

■申込方法

応募用紙に必要事項を記入の上、郵送、持参もしくはFAX:0790-42-8745へ送信してください。

■選考方法

播磨農高にて面接のうえ決定します。

問合先 はりまのちっちゃな台所サポート委員会事務局(ふるさと創造部ふるさと創造課内)
TEL:0790-42-8706 FAX:0790-43-8745 mail:furuso@city.kasai.lg.jp

Page Top