TOP市政お知らせ>難聴者の会話をサポートする「コミューン」を貸し出します

難聴者の会話をサポートする「コミューン」を貸し出します

【平成26年10月29日掲載】

「コミューン」貸し出しサービスをスタート

加西市は、難聴者の会話を補助するコミュニケーションサポートシステム「コミューン」の貸出サービスを開始します。
加西市民や市内団体等で以下の利用目的に該当する場合は、無料でお貸しいたします。

高齢者や障がい者グループの会議や研修会、関係機関によるワークショップなどでの使用、また家庭でのコミュニケーションツールとしてご活用ください。

難聴者の会話を補助するコミュニケーションサポートシステム「コミューン」

■対象

市民、市内の団体

■利用目的

  • 会議やワークショップ
  • 難聴者の日常生活や学校、仕事場での使用

■期間

原則7日間以内 ※利用目的が「難聴者の日常生活や学校、仕事場での使用」の場合は最大1か月まで

■料金

無料

■連携

利用に際してコミューンの効能を加西市に報告してください。

■貸出申込

以下の申込先にご連絡いただき貸し出し状況を確認し、コミューン貸出申請書書(様式第1号)に必要事項記入のうえFAXかメールでお申し込みください。

■申込先
ふるさと創造部 ふるさと創造課
TEL:0790-42-8706 FAX:0790-43-1800 mail:furuso@city.kasai.lg.jp

 

加西市出身の五百藏伸祐さんが加西市若者応援施策に共感
難聴者の会話をサポートする「コミューン」を寄贈

「COMUOON(コミューン)」は難聴者の会話を補助するコミュニケーションサポートシステムで、公益財団法人日本産業デザイン振興会が主催するグッドデザイン賞において2014年度グッドデザイン賞BEST100を受賞しています。

今回、加西市出身で、同システムを開発・販売するユニバーサル・サウンドデザイン株式会社の取締役でもある五百藏伸祐さんが、加西市の若者応援施策に共感し、若者と難聴者を繋ぐコミュニケーションツールとして様々な現場で活用してほしいとコミューンを市に寄贈されました。


写真 左から西村市長、中石真一路さん(ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社 代表取締役、NPO法人日本ユニバーサル・サウンドデザイン協会理事長)、五百藏伸祐さん(同社 取締役、同協会理事)

 

問合先 ふるさと創造部 ふるさと創造課
TEL:0790-42-8706 FAX:0790-43-1800 mail:furuso@city.kasai.lg.jp

Page Top