TOP市政お知らせ>発掘調査速報展「丸山ノ下遺跡の第2次調査」

発掘調査速報展「丸山ノ下遺跡の第2次調査」

【平成26年9月10日掲載】

開墾によって削られた古墳跡を発見!

区画整理事業が計画されている加西市北条町西高室で、土器片が広く散布していたため、平成24年度に地下に遺跡が埋もれていないかの確認調査を実施しました。
その結果、約4,500平方メートル規模の古墳時代から鎌倉時代頃の遺跡が存在することが確認されました。

この遺跡が丸山ノ下遺跡であり、区画整理事業に先立って、平成25年度から27年度の3カ年にわたり発掘調査を実施し、詳細な記録を残すことになりました。

平成25年度の第1次調査では、飛鳥時代末ごろの粘土採掘坑跡を280基以上発見しました。今年度実施した第2次調査は、第1次調査区の東側に隣接する約1,500平方メートルを調査し、粘土採掘坑のほかに5世紀末頃の古墳2基を発見しました。

■会期

平成26年9月16日(火)〜10月24日(金)の平日のみ
開室時間 9:00〜17:00

■会場

加西市埋蔵文化財整理室(加西市北条町古坂1-23旧図書館)

■料金

無料

 

問合先 加西市埋蔵文化財整理室 TEL:0790-42-4401

Page Top