TOP市政お知らせ>平成26年4月からごみの分別・出し方が変更になります

平成26年4月からごみの分別・出し方が変更になります

【平成26年2月10日掲載】

ごみ処理の連携化による変更点

加西市は平成26年4月から、加西市クリーンセンター焼却炉の維持管理費を削減するため、ターミナル回収した家庭から出る燃やすごみを小野クリーンセンターに持ち込んで焼却処理します。

そのため、平成26年4月からは、ごみ分別方法と加西市クリーンセンターへの持ち込み方法等が次のとおり変更になります。

■ごみ分別方法の変更点

従来の「燃やせないごみ」の区分を次のとおり三つの区分に変更します。

  • 燃やすごみ 【従来の区分:「燃やせないごみ」のプラスチック類】
    定義:約30センチメートル以内で指定ごみ袋に入るプラスチック類
    出し方:指定ごみ袋でごみターミナルに出してください。
  • 小型家電 【従来の区分:「燃やせないごみ」の小型家電製品】
    定義:約30センチメートル以内で指定ごみ袋に入る電気・電池で稼働する家電製品
    出し方:透明・半透明の袋でごみターミナルに出してください。
  • 粗大ごみ 【従来の区分:「燃やせないごみ」のその他】
    定義:約30センチメートル以上および約30センチメートル以内でも素材が混合しており、分離できないもの
    出し方:加西市クリーンセンターに持ち込んでください。

ごみの分別(平成26年4月1日から)

■加西市クリーンセンターへの持ち込み方法等の変更点

  • 燃やすごみは加西市クリーンセンターに持ち込めなくなります。決められたごみターミナルに出してください。
  • 燃やすごみを持込処理したい場合は、小野クリーンセンターに有料で直接持ち込めます。
  • 資源(小型家電含む)・埋立・粗大ごみは、加西市クリーンセンターに有料で直接持ち込めます。
  • 粗大ごみ処理手数料が、10キログラム当たり130円から90円に変更になります。

※クリーンセンターへ持ち込みは、事前に分別を行い、職員の指示に従って、指定の場所に荷下ろししてください。

■指定ごみ袋(1枚当たり)購入単価の変更

ごみ処理の連携化により経費削減が見込まれるため、次のとおり指定ごみ袋の価格を半額にします。
なお、新単価の指定ごみ袋は平成26年3月31日15:00から販売し、平成26年4月1日以降でないと使えません。ご注意ください。

指定ごみ袋の大きさ 平成26年3月31日
までの購入単価
平成26年4月1日
からの購入単価
大(45リットル)
※1枚当たり10キログラムまで可能
50円 25円
中(30リットル)
※1枚当たり8キログラムまで可能
30円 15円
小(20リットル)
※1枚当たり6キログラムまで可能
20円 10円

※平成26年3月31日以前に購入された指定ごみ袋は、引き続き使うことができますが、今回の価格改定に伴う精算や交換はできません。平成26年3月末まで計画的に調整しながら購入してください。

※この度のごみ処理の連携化に伴い、小野クリーンセンターで加西市のごみを処理するための負担金は、搬出量によってその額が決まります。これまでにも増して、ごみの分別・減量化・リサイクルの推進について、市民の皆さまのご協力をお願いします。

 

問合先 生活環境部 環境整備課
TEL:0790-42-8719 FAX:0790-42-6269 mail:kankyoseibi@city.kasai.lg.jp

Page Top