TOP市政お知らせ>風しんが流行しています

風しんが流行しています

【平成25年4月12日掲載】

兵庫県内の平成25年風しん患者届出数は、平成25年3月24日までで134人と昨年の同時期に比べ、大きく上回っています。
これまで「風しんにかかっていない方」「予防接種を受けていない方」「妊娠適齢期の方」は、特に注意が必要です。今後も感染の拡大が心配されるため、以下を参考に予防しましょう。

■予防

  • 外出後の手洗い、うがい、せきエチケットなどに気をつけましょう。
  • 急な全身性の発疹や発熱などの症状が現れたら、早めにかかりつけ医師などを受診しましょう。
  • 受診の際には、マスクを着用する、せきエチケットを守るなど、感染を広げないように注意しましょう。
  • 予防接種も効果的な予防策です。
    • 定期予防接種対象の児は、必ずワクチンを接種しましょう。
    • 妊娠適齢期の方や予防接種歴不明の方なども、必要に応じ、予防接種についてかかりつけ医師に相談しましょう。

風しん患者届出数

区分 平成21年 平成22年 平成23年 平成24年 平成25年
1〜3月
県内 7件 6件 8件 282件 134件※1
全国 147件 87件 374件 2,353件

2,021件※2

※1 平成25年3月24日までの届出数
※2 平成25年3月17日までの届出数

 

問合先 健康福祉部 健康課
TEL:0790-42-8723 FAX:0790-42-7521 mail:kenko@city.kasai.lg.jp

Page Top